2016年5月6日金曜日

お給料いくら?生活賃金もらってる?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)


4月1日に最低賃金が引き上げられて1か月がたったイギリス。
25歳以上の労働者には時給£7.20が義務付けられました。
その際に政府が使った言葉が「生活賃金(national living wage)」

実は生活賃金というのは、最低賃金では到底生活できない東ロンドンでの生活保障のための考えで、この数字とは別に、実際に生活ができる収入を保証しようという2001年に始まった動きです。

リビングウェイジ・ファウンデーションという団体が毎年その金額を発表しています。
Living Wage Foundation(リンクします)

そして、政府発表の生活賃金とは違う数字が推奨されています。

イギリス政府の2016年の最低賃金
25歳以上 £7.20
21 から 24歳 £6.70
18 から 20歳 £5.30
18歳以下 £3.87
見習い £3.30

リビングウェイジ・ファウンデーションの推奨賃金

ロンドンの時給 £9.40
それ以外の地域 £8.25

この数字は強制ではなく、自発的に雇用者が支払う金額です。
この金額を払っている「優良」企業はファウンデーションのサーチで検索できます。
リビングウェイジを支払っている企業(リンクします)

この間、高級住宅地ベルサイズパークにある、ホームケア委託業者にお邪魔した時に、経営者からお話を聞く機会がありました。

彼が言うには、よいサービスを行うためには、いい人材が必要。
そして、いい人材を抱えるには、ちゃんとお給料を払わないといけない。

単純な考えかもしれませんが、成功している企業です。
ホームケア業界では、唯一生活賃金を支払っている会社だそうです。
そうなるといい人材が集まるのもうなづけます。

いい人材が集まっても、離職率が高いと経費も掛かります。
なので、長く勤めてもらうためにも、魅力あるお給料は有効。

ティムちゃんに話を聞いたら、大体どの会社でも、新しい人を雇う時に人材紹介会社に多額の紹介料を支払うそうです。
大体その人の年収の20%前後といった金額。
すごい金額ですよね。
「面接のセットアップをするだけで、そんなに払うのバカらしくない?」
そう聞いてみましたが、新聞広告とか、業界の冊子なんかに広告を出してもいいのですが、広告料もかかるうえに、申し込みの対応におわれる時間などバカにならないそうです。
なので、そういったフィルターを人材紹介会社が請け負ってくれるので、やはり使うことになるそう。

日本の人材派遣会社はそういったお金を取る代わりに、実際の労働者のお給料からのピンハネを収入源としているそうで、その辺がえらく違いますね。
(これは聞いた話なので違っていたら教えてください)
もっと人材集めに企業がお金を払うようになったら、離職を防ぐための方法として、魅力ある職場作りに身を入れるんじゃないかな?
じゃなくて、日本では雇用されている人が転職の負担を強いられている気がします。


このブログをやっていて、よく「ロンドンの物価は高い」と言われます。
本当に高いです。
生活賃金が時給で計算されるのは、往々にして安いお給料で働いている人が「時給いくら」で働いているからだそうです。
週給とか、年収といったまとまった契約でない場合が多いそう。

私が25年前にイギリスで住み始めたころは、お給料のほとんどが住居費に消えました。
それでも高級住宅地に住みたかったので、それは私の選択だったけれど、サウスケンジントンのワンルームマンションが月に£600しなかった夢のような時代の話です。
手取りのお給料が£700ちょっと。
残業代でごはん食べていたカンジです。

この国の統計部が出している平均週給のグラフも載せておきますね。
2015年で平均週(税込)520ポンドです。
でも職業によって大きく違うので、あんまり意味はないかも。
平均年収が£26500前後の職業ってあんまりないのが以下の紹介で分かると思います。


載せたのはイギリスの主な職業別の平均年間給与。
フルタイム(週に30時間以上働いている)ワーカーのものです。
現在の為替では£1あたり160円くらい?
ま、為替は日々変わるので、私は普通200円で計算してくださいってお薦めしています。
ロンドンで生活するなら一人暮らしなら3万ポンド切るときついんじゃないかな?
どんな生活するか、どこに住むかで変わりますけどね。

1年半くらい前にロンドンの家賃の関する記事を書いたのをリンクしておきます。
ロンドンのおうちの値段(リンクします)


ブローカー - £133677

政府高官 - £107703

航空機パイロットと航空機関士 - £90146

マーケティングとセールスディレクター - £82962

法律の専門家 - £73425

医療従事者 - £69463

人事部管理者および取締役 - £56315

教育機関の専門家 - £49679

電車やトラムドライバ - £47101

弁護士 - £46576

金融と投資アナリスト、コンサルタント - £45490

法廷弁護士と裁判官 - £43368

建築家 - £43029

ITのプロフェッショナル - £40957

歯科開業医 - £40268

警察官(巡査部長以下) - £38720

公認会計士 - £38692

獣医師 - £37763

薬剤師 - £37439

心理学者 - £36495

鉄道建設作業員 - £35781

ジャーナリスト、新聞や定期的な編集者 - £34639

眼科医 - £30834

鉄道の車掌 - £30698

助産師 - £29529

ソーシャルワーカー - £28745

看護師 - £26252

著者、作家、翻訳者 - £25767

 レンガ積み職人と石工 - £24790

不動産エージェントと競売人 - £24622

レストランやケータリング・マネージャー - £23781

バスドライバー - £22176

パーソナルアシスタントや他の秘書 - £19738

銀行と郵便局の事務員 - £19557

教師 - £18604

庭師 - £18010

電話の販売員 - £17549

シェフ - £17513

道路清掃人 - £17402

獣医看護師 - £16746

参考になりました?


  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年5月3日火曜日

イギリスの薬局で行われている、びっくりなサービス

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

イギリスには2015年3月の時点で、11,674の薬局が存在します。
2014年から2015年の1年間で、薬局で渡されたNHS(イギリスの国民健康保険制度)からの処方箋によるお薬の数は9億7830万アイテム に上ります。
前年比で3.2%の増加。

もちろんこの数字意外に、薬局では処方箋の要らないお薬や、薬局以外でも扱えるお薬の取り扱いもあります。

イギリスの薬局の約60%はチェーンの薬局。

Boots が一番有名。
忘れがちですが、スーパーマーケット内にある、スーパー直営のお薬屋さんもかなりの数。

加えて地域の小さなお薬屋さんや、最近ではオンラインのお薬屋さんも。

ということで競争は激しいわけですよね。

色々な薬局が、それぞれのサービスで顧客の確保に躍起になっています。


さて、各薬局はNHSと契約を結んでいて、いろんなサービスを顧客に行います。


特に最近では家庭医(GP)の負担を軽くするために、薬局でできることが増えています。

例えば予防注射。
薬局で、トレーニングを受けた薬剤師さんから接種できます。

また、お薬の使用見直し(Medicine Use Reviews)とか、新処方常用薬サービス(New Medicines Services)などといったサービスもあります。

MUR は服用しているお薬をもって薬局に来てもらい、用法とか、副作用の説明とか、困っていることがないかどうかとか、処方されているお薬のいろいろな相談に乗るサービスです。

NMSは新しい常用薬を処方された時に、初めの1か月間に3回ほどの面談を行って、副作用が発生していないか、間違った使い方をしていないか、きめ細かなモニタリングを行うサービス。

2015年には10,916の薬局で約320万回のMURがサービスされました。
そしてNMSは9,308の薬局で775,998回サービスがありました。

こういったサービスは高度なサービスで、個室や特別なエリアで行われます。
なので、どこの薬局でも取り扱っているわけではありません。


今回こんなお話を伺った、イギリスで評判の薬局。
グリーンライト薬局です。

そして、この薬局で驚くべきサービスが発覚…!

薬局では、処方箋の取り扱いがあるといった、基本サービスに加えて、上で紹介した高度なサービスがオプションで加わります。
そして、そこにさらに加えることのできるのがその地域性を取り入れた特殊サービス。

その地域の人々の健康度を高めるために組まれた特殊サービスってカンジかなぁ?

見学させてもらった薬局があるのはロンドンのカムデン区。
この地域で、特殊サービスを実施している薬局リストを参考までにリンクしますね。



薬局の教育担当、サイモンさんがグレイのパッケージを開けると、中身はこんな風。

ひとつひとつ説明していきますね。

このパッケージは希望者に無料で提供されるものです。
中から出てきた説明書。
 カムデン・針取り換えサービスと書いてあります。

これは薬物中毒の人に対するサービスなのです。

説明書には、注射を安全に打つためのヒントなんていう欄もあります。

さて、いったいどんなものが入っているのでしょうか?

頑丈なプラスティック製のいれもの。
使い終わった注射針を捨てるための容器なんです。
この入れ物に入れて薬局まで持ってきてもらい、そこで安全に処理します。


薄い金属製のスプーン。
テレビドラマで普通のスプーンを使っているところを見たことがあります。
粉末のヘロインをこのスプーンに入れて、下からライターで熱くして液化させるんです。
サイモンさんに聞いたら、使い方は合っていると言われました。

これは消毒用のワイプ。
注射するときに肌を洗浄するためのもの。

消毒済みの注射器のシリンダー。

針もいろんな種類が含まれています。

これはクエン酸。
何に使うの?と思ったら、注射したところの痛みを和らげる役目があるんですって。

そして、これは何とコンドーム‼

このパックの目的は、薬物中毒の人たちが注射の針をシェアすることでB型肝炎やHIV が広がってしまうのを防ぐため。

なので、感染予防という意味合いでコンドームも入っているというわけです。

病気の感染予防。
これは薬物中毒の人たちだけの問題ではなく、このコミュニティー全体にかかわる健康問題ととらえているのです。


でもやはりいろんな意見があって、賛成の人ばかりではないサービスだそうです。
私も話を伺いながら、痛みを和らげるクエン酸のところで、そこまでする?って思いました。
こういったものを提供することで、薬物中毒を促しているのでは?という意見がよく聞かれるそうです。
でも、中毒の人たちは止めてもどうせ打つんだから、だったら伝染の蔓延を頭に入れての対処法がが必要といった考え方だそうです。

また、中毒の人が定期的に薬局に足を運ぶことで、薬剤師さんたちとの信頼関係が生まれて、適切なアドバイスセンターなどを紹介できたりする効果もあるそうです。

他にも性関係を持った翌日(実際には72時間以内の服用)用の緊急避妊薬(経口)の無料お渡しもあるそうです。
日本でもモーニングアフターピルで通じるお薬があるそうですね。

こんなサービスがあれば、無責任な性関係が増えるんじゃないのとも思いますが、やっぱりこのサービスがないと、望まない妊娠の数も増えるので必要らしいです。

この薬局には地下にスペースがあって、ロンドン大学薬学部とタイアップして、学生さんたちが実地トレーニングに来るそうです。

地下の入り口に通じるドアの看板。

薬局の中にはバングラディッシュ出身の人も働いています。
この地域に多い人種だそうです。
英語ができない人も多く、母国語でサービスできるような配慮だそうです。

 店舗デザインは人の流れが交差しないように計算されていて、すっきりした造りでした。

イギリスの薬局、日本といろいろ違うでしょう?




  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年5月1日日曜日

4K のテレビってそんなにいい?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)


ティムちゃんはテレビっ子です。
見ていなくっても、居間のテレビが消えているのはイヤだそうです。

一番好きなのはスポーツ中継、次いで、音楽関係か動物関係のドキュメンタリー、ドラマに映画、ニュース。
シチュエーションコメディーは「あるある」みたいな観察眼の効いているものは好きだけど、下品なものは好きじゃない。

私は、テレビは見たい番組だけを見るタイプ。
なので、朝のニュースと夜のニュース、それから興味のあるドキュメンタリーが主。
シリーズもののドラマは馬鹿らしいと思っています。
でもシャーロックは例外(笑)
時事関係のパネルものとかも結構好きかなぁ。


そんな私たち、3月頃からテレビを買い替えたいといって、色々ネットで調べていました。
もう少し大きめの画面で、迫力のある映像を楽しみたいのが理由。

現在のテレビは、ブログの記録を見ると2007年のクリスマスに購入しています。
ということは結構長持ちしています。
さすが東芝。
でも小さい。
37インチ。

お部屋のサイズも考慮しないといけないから、大きい方がいいってわけでもない。
で、いろいろ考えて50インチ前後のものがいいだろうという結果に。
それでテレビの幅が大体115㎝前後。

ティムちゃんはお買い物が大好きで、特にいろいろなものを調べて比べたりするのが大好き。
なので、すっかりお任せしてありました。

私はどちらかといえば名前で買い物するタイプなので、テレビだったら日本のブランドがいいなぁって程度。
でもティムちゃんは細かなところまでいろいろチェックして、カスタマーレビューとかもいちいち読んでました。

それで、ソニーはダメってことに。

テレビのシステムがアンドロイドで評判良くないらしい。
ソニーは見た目も好みだし、ポートの数とかもたくさんで「いいなぁ」って思っていたから、ティムちゃんがダメって言った時にはちょっと困りました。

ティムちゃんは評判のよさで選ぶべきだって言って、LG と Samsung を勧めるんですが、やっぱり「日本の会社がいいなぁ」という気持ちもあって、決めかねていました。
そのうち細かなレビューの読みすぎで、もうどうでもよくなってきたので(笑)私はギブアップ。

やっぱりティムちゃんが決めればってことで、再び一任しました。
毎日飽きずにネットで調べ物をしているティムちゃん。
こんな情熱を他のことに使ったら、ものすごく成功しそう(爆)
で、いくつか候補を決めて、実際のカンジを確かめに、ジョンルイス(イギリスのデパート)に見に行ったのが4月の半ば。

ここで家電類を買うと5年保証なのです。

ここで見たパナソニックが結構良かったんだけど、パナソニックって、なんでHDMIケーブルのポートが2つしかついてないの?
ケーブルテレビとDVDプレーヤーで使ったら、他には何も繋げないじゃん。

それでも他がすべて合格なので、パナソニックでポートの数が多いものって探して今回購入のモデルに決まりました。

昨日配達してもらって、早速繋げました。

箱を見たら、このテレビはチェコで組み立てましたって書いてあった。
中国とか、ベトナムとかじゃなくってびっくり。
チェコかぁ~、時代は変わってるんだなぁ。

まず、組み立て、設定、両方ともすごく簡単。
台座をつけるのに、プラスのドライバーが必要でした。

初めに画像を見て、ものすごくきれいなのにびっくり。

特に濃い色の質感がとてもいいと思います。
まだ、2日だけだけど、臨場感が全然違う。

3D ではないけれど、画面の奥行きがすごくあって、例えばスポーツの中継とか、その場で見ているみたい。

動物の毛が一本一本別々なのとか、本当に全くこれまでと違います。

HDのテレビに変えた時も、お化粧のノリ具合とか、人物のアップでかなりの差があったけれど、今回の差はやっぱり質感と奥行きの2点。

4K すごいです。
お勧めします。





  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年4月29日金曜日

お漬物の瓶詰を買ってみた

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)



昨日はロンドン在住の日本人御用達ジャパンセンターに行ってきました。

冷凍のおうどんと薄揚げが欲しかったんだけど、いつも欲しいものとは別に、用のないものまでいろいろ買ってしまいます。

今日、目についたのは瓶詰のお漬物。

ロンドンの日本人にはお馴染みのYUTAKA製です。

YUTAKA は日本のものをヨーロッパで売っているブランド。
ちゃんと日本製らしい。

YUTAKA 公式サイト(リンクします)

ヨーロッパでどんなものが手に入るか覗いてみてください。

これ以外にも日本製の食料品は、Clearspring(リンクします) なんかが有名。
おこぶとか、Wholefoods とかでも扱いがあります。
ここのは基本オーガニック。

さて、YUTAKA のお漬物。
とりあえず、味見しようと4種類買いました。
それぞれ110gいり。
小さくてお手頃。

柴漬け、福神漬け、サクラ漬け、そして高菜。

これを見るまで福神漬けって「ふくしんづけ」だと思っていました。
濁音なんですね~。

これまでもこういったお漬物は買っていたのですが、いつもは袋入り。

それを小さめのタッパーウェアなんかに入れ替えていました。

といっても食べ切る前に捨てないといけない。
量も少し多め。

なので、小さ目だし、瓶入りだし、いいなぁと思ったんです。

 お皿に少しずつ出してみました。
高菜以外は自然な色合い。

高菜は瓶のふたの内側も緑色の色素がバッチリなカンジで、少しひいてしまいました。
お味は柴漬けと高菜以外は甘すぎ!!

特にサクラ漬けは、そりゃないでしょってくらい甘い。
ただ、私はサクラ漬けって初めて買ったので、通ではないです。

瓶にも「お砂糖と甘味料で甘くしたお野菜のピクルス」って書いてあるから、サギってわけでもない。

ラベルを見たら、福神漬けとサクラ漬けは25%が糖分だった。
ガ~ン…。

ま、何かに混ぜて食べる分にはいいかな。

で、賞味期限を見てさらにビックリ。

蓋を開けたら冷蔵庫に入れて3日以内に食べろって。
ちょっと無理だなぁ。

普通に袋入りの方が味は好みです。

でもそんなにたくさん食べるものでもないから、こんなものかなぁ。

お値段は、ひとつ2ポンドしなかったと思います。
安いけど、リピートしないと思います。




  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年4月27日水曜日

楽しい記憶はありますか?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

先週から、イギリスにおける認知症の実情を視察するお客様のお手伝いをしています。

認知症ケアを提供しているホームケアサービス会社にお邪魔したり、看護のためのコース提供施設を視察したり、いろいろ興味深い内容。

今日は認知症を患っている人たちを対象にした、デイケアセンターの様子を紹介したいと思います。

お客様にいただいた数字ですが、日本って、潜在も含めると、800万人の認知症患者が推定されているそうです。


イギリスは日本の半分強しか人口はありません。
高齢者の数も、日本に比べると少ないです。
それでも2020年には認知症患者の数は100万人に達するかもと推定されています。

日本との違いは、こういった分野ではチャリティー団体がかなりのシェアでケアを担当しているといった事実です。

今回お邪魔した、Age UKハウンスローのセンター。

毎週火曜日の午前中、認知症の人たちへのアクティビティーが行われています。

認知症であることから、外に出ることが少なくなると、社交といった面が少なくなります。
週に一回でも、通える場所があるというのは精神面にとても良い影響があるそうです。
みんなでお茶を楽しみながら、アクティビティーに参加する人たち。
(写真の許可は取ってあります)
実はこういった集まりは看護の人のためでもあるのです。

ケアをされている人たちがこういったセンターに来て楽しんでいる間、ケアをしている人たち同士が交流を図ることができるといった利点。
そんなことは考えたこともなかったんですが、精神的にかなりきついのが看護。
特に長期間にわたる看護は、家族であっても大変。
また、ビジネスと割り切っている人でさえ、ストレスのたまるお仕事です。
なので、同じような境遇にある人同士のコミュニケーションは貴重だそうです。

この写真は認知症の人たちの回想法というアクティビティー。
一人一人に話しかけている講師のマイクさん。
彼はこのハウンスロー地区で長年教師をした後、早期リタイアをしてボランティアーに生きがいを見出しているそうです。

回想法というのは認知症の人たちの楽しい思い出を引き出すことで脳に刺激を与える治療法。
治療法と書きましたが、認知症には今のところ治療法はありません。

でも進行を遅らせる方法はいくつかあるそうで、この回想法もそんな一つ。

マイクさんが持っているのは写真。 
この人たちが若かったころに流行った俳優さんや歌手のもの。

この人覚えてる?
それじゃあこんな歌は?

そんな風に、問い詰める形ではなく、自然な質問の仕方で記憶をたどるのです。

そして、古い歌に合わせて自然に体が動いていきます。
さあ、右手をとか、みんなで一緒に、とかではなく、あくまでも自然に。

マイクさんも一緒に。
その時代のことに思いを馳せると、若い時の楽しい記憶が、ふっと蘇るのです。

そして、何人かはすらすらと歌手の名前や曲名を口にしました。

もちろん勘違いしていたり、間違いもいっぱい出てきます。

でも気にしない。

マイクさんはそんなたくさんの意見をうまくまとめて場を盛り上げていました。


マイクさんによると、楽しい記憶は心の中にいつも居場所があるそうです。
それを時々取り出して幸せな気持ちを感じることが、認知症の人たちに有益だそう。

認知症でなくても、楽しい思いでって私たちを幸せにしてくれます。
将来認知症になったら、私はどんなことを心の底で覚えているだろうって考えました。

毎日を楽しんで生きていくべきだって再認識しました。





  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年4月21日木曜日

カラオケコーナーがある博物館

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)


リバプールって、人は親切だし、訛りもあるし、大阪みたいなところ。

今日はそんなリバプールにある博物館
を紹介します。

リバプール博物館(リンクします)

2011年オープンという比較的新しい博物館。
入口はこんな風。

だけど別の方角から見た方がかっこいい。
デンマークのデザイナーが設計しました。
左手の窓の部分はスクリーンとしても使えるそうです。

博物館はリバプールについての色々な歴史が学べるところ。

リバプールが何で有名かちょっと考えてみる。

う~ん…

ビートルズとフットボール…?
それ以外思いつかない(爆)


(実はもっといっぱい有名なものはありますよ!)


さあ、それでは中はどんなのかっていうと…。

がら~ん。
なにこれ?って思いますよね。

展示を変える途中の空っぽな部屋?


違うんですよ!
これは何とあの有名なカヴァーンクラブの舞台の模型です(笑)
カヴァーンクラブはビートルズが約300回演奏をしたところ。
リバプールの名所の一つです。

この博物館からは歩いて15分くらい。
だったら本物観に行った方がいいんじゃないの(と私は思いました!!)

近くにあるガラス張りの展示ケースに仰々しく置かれているこれは何!?
さあ、答えはわかりますか?
これは何と、そのカヴァーンクラブがいったん取り壊された時のレンガです!
ご丁寧に証明書付(爆)


「え~くだらない、行くのやめようかな…」
そんなこと言わずに、もっと面白いものもあります。



なんとこの博物館にはカラオケコーナーがあるのです!
しかもタダ。

ガラス張りなのでみんなから見られます。
でも空いている時間に行けばマイクを独り占め(笑)

ただし、曲数はかなり少ない。
10曲なかったんじゃないかな?


マラカス振りながら(右手)おもちゃのマイクで気分よく歌う私(笑)

動き回ってるので、写真係のティムちゃんの手には負えない(笑)
ブレブレ~。


すいません、もうちょっとマシなものないんですか???




あ、これはいいんじゃないかな?
ジョンレノンの子供のころの写真。
…だけではないですよ。


彼は5歳の時におばさんに引き取られて、そこで17年暮らします。
そのおうちはMendipsとよばれて、251 Menlove Avenueにあります。

ナショナルトラストのツアーがリバプール中心から出ています。
ツアーのページ(リンクします)


でもなかなかそこまで行けない人も多い。
そんな人のために中がどんな風か見ることができる模型。

これが1階の部分で階段の右上の白っぽいお部屋が居間。
そこでジョンとポールがギターを弾いたりしていたんです。

こちらはお二階。

この写真で見ると、中央下の寝室がジョンのお部屋です。

この模型、実は以前日本で展示されていました。

さいたま県の大宮に10年間だけ存在したジョンレノン博物館のために作られたものなんです。


ビートルズは12枚のスタジオアルバムを残しました。
そのカバーも展示されています。
中央一番下のアビーロードのものがお馴染みかな?

ビートルズ以外にもフットボール関係の展示やミニフィルムも上映されています。
リバプールの歴史、みたいなコーナーもあります。

下調べして本物の展示を楽しむっていうよりは、どちらかといえば、軽い気持ちでお散歩がてらぶらぶら見るのに適した博物館です。







***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年4月19日火曜日

乙女チックなお土産はV&Aボティチェリ特別展示の売店がお勧め

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

V&A でやっている、ボティチェリの特別展示を見てきました。
Botticelli Reimagined(新しいボティチェリ)
今年7月の3日まで。

500年ほど前に活躍したボティチェリの作品が,後世のアーティストにどんな影響を与えたかといったところに焦点を当てています。

入ったらいきなりスクリーンで2つの映画のショットが流れていました。
ひとつはテリーギリアム監督のバロン。
もう一つはジェームスボンドのドクターノー。

共に選ばれたシーンはボティチェリのヴィーナスの誕生を思わせるシーン。
写真はウィキペディアから。

この作品、私は本物を見たことはありません。
多分沢山の人がそうじゃないかと思います。
それなのに、このイメージはみんなの頭にしっかりと存在します。

というのは多くのアーティストがこの作品からのアイディアを利用しているから。
この特別展示でもこの作品をベースにしたものがずらり。

ボティチェリ自身が描いたヴィーナスもありますよ。
普段はベルリンの博物館に飾られています。
この作品は有名なヴィーナスの誕生から主人公だけを取り出したもの。

ヴィーナスの誕生がとても人気があったので、ヴィーナス単独での注文もあったということらしいです。

モデルはもちろんボティチェリお気に入りのシモネッタ。
以前、ブログで国立美術館のこの作品に触れました。

日本人の作品もありました。
面白いなぁ。
Tomoko Nagao さんの作品。


さて、美術館や博物館の特別展示で面白いのは内容だけではありません。

特別展示の内容に応じたショップが開設されるんです。
こういったショップではあんまり普段見ないものもテーマに沿って紹介されます。

このボティチェリ展では乙女っぽいものがたくさん。

ちょっと紹介しますね。

お花をかたどったヘアピン。
ひとつ3ポンドとお手軽。
たくさん付けるとかわいいだろうなぁ。


これなんかは花柄の刺青セット。
左手二つがシール状のタトゥー。
右手は髪の毛に色を付けるパウダーです。
こういったものも10ポンド以下で手に入ります。

花輪の髪飾り。
パーティーの時とかいいかも。
針金でできているので、夏に肩のところに腕輪風にしてもかわいい。
アレンジのし甲斐があるかも。


こちらは配るお土産用。
右手はよくあるマグネット。
左手はシーソルト入りのソープです。

パッケージがヴィーナスだから、使うと美人になりそう(そんなわけないけど!)



こちらは買おうかどうしようかまだ悩んでる。
シルクのスカーフ。
95ポンドなんだけど、ステキな柄。
ティムちゃんにおねだりしようかなぁ?
多分、特別展示が終わったらセールになるから、それまで待つつもり(笑)

冒頭で紹介したDVDも売っていました。
商魂たくましいなぁ。

ということで、特別展示のショップ、ぜひのぞいてみてください。
V&A だけではなく、ロンドンのメジャーな美術館博物館でいろんなものを扱っています。
少し他ではないものを探しているなら、きっと何か見つかるはず。




***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。