2017年1月19日木曜日

一時帰国の際のお金

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)




イギリスではどこでも何でもカードで支払えます。
小規模なお店とかカフェでもカードは使えます。
少額の場合(1500円程度以下)は手数料を取ったりするところもありますが、
全国規模の場合は、150円程度のものでもカード決済する人がいます。

最近は暗証番号なしで、端末にかざすだけのカードもあるし、本当に便利。

日本って現金しか使えないお店が多いみたい。

いつも日本からのお客様がすごい量の現金を持ってくるので、
無くしたらどうするんだろうって心配でしたし、
どうしてそんなに持ってくるのか不思議でもありました。

日本で使えないお店ばっかり見ていたら、その環境が普通だと思いますよね。


さて日本行きのための現金をどこで両替しようかリサーチしています。
今のところ日本人が経営している両替屋さんのレートが一番です。
今日のレートで一般の銀行よりも1ポンド当たり5円以上いいレートでした。

ただ、ネックはそこまで行かなきゃいけないってこと。
あんまり現金もって歩きたくない。

郵便局や銀行は自宅まで配達してくれるからなぁ。

でも両替する量に拠ったらタクシー代出るかも(笑)

外国でのショッピングに手数料がかからないカードも作ったし、
ずいぶん準備が整ってきました!





  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月15日日曜日

冷凍ロブスターを使って、安いけど豪華に見えるごはん作ってみました

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

ここ2年ばかり、ロンドンのスーパーマーケットでカナダ産のロブスターをよく見るようになりました。

冷凍のもの。
既に茹でてある丸ごとロブスターと、調理のされていないテール部分のみがあります。
冷凍だったものを解凍したものをお魚カウンターで見ることもある。

私たちは普段イギリスの南海岸かスコットランド産のロブスターを買います。
こういったUKものは、ネイティブと言われます。
英語しゃべるわけじゃないですよ(笑)
現地産ってこと。
オイスターなんかでもよく使う言葉。

カナダのものは結構小さい。
乱獲とかしてないのか心配だったけど、調べてみたらサメや大型種の魚が減っているために、その餌だったロブスターが増えているらしいです。
これまでにない大漁で、、値段も下がっているらしい。

大みそかに調理済みの丸ごとロブスターを買ってみました。
小さいので、前菜で一人一匹必要。
アボガドとマヨネーズで和えてサラダにするには十分なお味です。
甘みがそれほどないので、単品では出さないと思う。

ウエイトローズで売っているのはこんなの。
Big & Juicy whole cooked Canadian lobster 400g
10ポンド弱ですが、クリスマス時分には7.99ポンドでセールしていました。
アイスランド(冷凍食品の専門店)だと6ポンドくらいらしい。
ドイツ系の安売りスーパーだともっと安いかも。

これはウェイトローズのお魚カウンターで買ってきました。
未調理のもので、テールのみ。
一つだと6ポンドちょっとだけど、2尾なら11ポンド。

今日はこれを使ってスペイン風シーフードライスを作ってみます。
パエリアみたいなものだけど、汁気が少し多め。
雑炊とパエリアの中間みたいな感じです。
お米も白ではなく黒を使ってみました。

まず、赤ピーマンをグリルします。
4つに切って、オリーブオイルを塗って、高温のグリルで10~15分。
こんな風に焦げたら出来上がり。
塩水をたっぷりと沸かして、ロブスターを投入。
5分ほど茹でます。

茹でている間にピーマンの皮を取って千切りにしておきます。
スルリと簡単にはがれるはず。


お次はガーリック2かけと玉ねぎの小さいものをみじん切りにして、多めのオリーブオイルで炒めます。
別に色づくまでとかじゃなくて、透明になるくらいまで。


今回使ったのは、ルクルーゼの取っ手が取れるフライパン。
鋳鉄のものです。
パエリアパンでももちろんOK。
わが家のパエリアパンは4人用で大きすぎるので、こっちを使いました。
玉ねぎを片方に寄せたら空いている部分でイカをサッと焼き付けます。
あとで火が通るので、焦げ目をつけるだけで大丈夫。
イカを焼いている写真は、バタバタで撮れませんでした(笑)
焼いたイカはすぐ取り出します。
そこにライスを投入。
ライスにオイルを絡ませます。

今回使ったもの。
イタリア産の黒ライス。
ナッティーで美味しい。
200gくらい入れたかな?
白いお米よりも少し長めに調理します。

チェリートマト6つを4つ切りにして加えます。
グリーンチリ(そんなに辛くないもの)もみじんにして加えます。
そこにスープストックを加えます。
わが家ではホームメイドのスープストックを使いますが、市販のものを使うなら、どうか塩分に気を付けて。
かなり煮込むからです。
スープの量は適当でかまいません。
1リットルは入れたと思うけど、煮詰めるので、少なすぎなければ大丈夫。
赤ピーマンもこの時点で入れますが、少し飾り用にとっておいてもいいです。

ティムちゃんが貝類にアレルギーがあるので、ティムちゃんと食べる時には使えませんが、一番おいしいのは貝類からのおだし。
ムール貝やアサリを酒蒸しにして、貝が開いたらすぐに火を止めます。
貝はお皿に取って、そのスープをお米に加えるとぐんと風味がよくなります。
調理済みの貝は、後でロブスターを加える時に一緒に入れます。
20分ほど中火で火を入れたらお米の具合を確かめてみます。
芯が少し残ってるかなというくらいならさらに5分ほど火を入れて。
お汁が少なめのお雑炊みたいにしたいので、足りない様なら少しお湯を足してください。
味もこの時点で整えればいいです。

ここまでは蓋をしていません。

お米に火が通ったら、上にロブスターやイカ、貝類などを並べます。

で、ふたをしたら火を止めます。
そのまま5分から10分蒸らして出来上がり。

フライパンごと食卓へ。


レモンはお好みで。
彩のパセリをすっかり忘れていました(笑)

ロブスターっていうよりはエビの大きなのってサイズです。
安くてお手軽だから、おうちごはんとして活躍しそう。







  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月12日木曜日

やった~!!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

昨日はうれしいニュースがふたつ届きました!

お昼過ぎに桃太郎君からお電話。

桃太郎君は去年の7月にスコットランドのエディンバラにある会社に就職しました。

日本と違って、こちらの学校は9月スタート。
卒業式は7月でした。

そして、新卒がみんな学期初めの9月に就職するかというと、そんなことはありません。
日本と違って、のんびり旅行に出かける人も多いし、すぐに仕事を決める人ばかりじゃないです。
逆に9月を待たずに、卒業式の前からすでに働き出す人も。

桃太郎君も卒業式の前からすでに働き始めていました。


イギリスでは、普通、就職すると試用期間というものがあります。
英語では、Probation period。


平均の長さは知りませんが、3か月から半年というのをよく耳にします。

ま、その期間に、欲しいタイプの人材かどうかを見分けるってこと。
簡単に言えば、この期間、雇用主は簡単に被雇用者をクビにできます。
だってお試し期間ですからね。

昨日は桃太郎君の probation period 最終日。
もしダメだったらどうしようって心配でした。
ティムちゃんも、かなり心配していたみたいです。

朝、おしごとに出かける時には、
「でもね、みきちゃん、もし桃太郎君がお仕事に失敗しても、いいことがあるよ。
だって、また3人で楽しくおうちで暮らせるんだから、Win-win-Situation だよ!」
そう言って出かけていきました。
Win-win-Situation っていうのは、どっちに転んでもうれしい結果ってこと。
ちょっとその言葉で気が楽になったのは本当(笑)

桃太郎君、昨日、マネージャーから正式雇用が通知されました。

離れたところで生活しているのは、正直うれしくないけれど、やりたいお仕事を憧れの会社でやっている桃太郎君を応援する気持ちでいっぱいです。



おめでとうって電話を切ってから1時間もしないうちに郵便の配達。
…これはもしかして?

 やっぱり!
ガイドインスティテュートから。

ティムちゃんが帰ってくるまで待って、封筒を開けてもらおうかとも思ったのですが、勇気を出して自分で開けました。

これがお手紙。



日本ではどうなのかなぁ?
根拠は無いけれど、なんか最後の方まで読まないと結果が書いていなさそう(笑)


英語の場合、このような通知は1行目で内容が分かります。
It is with great pleasure…
この言葉が決まり文句。
大変喜ばしいお知らせが…みたいな感じ。
やった~!

ハンプトン宮殿のガイド試験に合格しました。
唯一のハンプトン宮殿公認日本語ガイドです!

レベル2なので、日本語と英語でガイドできる資格なのですが、日本語以外でガイドするつもりはないです。
だってすでに英語ガイドはいっぱいいますからね。

うれしいなぁ。
もちろんすぐに桃太郎君とティムちゃんにお電話しました。

うれしいことも悲しいことも不安なことも何でもシェアできるって幸せです。











  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月11日水曜日

日本の民泊って違法なの?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



大阪でのんびり滞在するときに、ホテルよりも広いかと思って民泊の利用を考えていました。

大手の Airbnbが安心かと思って条件をインプットすると、いろいろ出てきました。

ホストがかなり若いので、両親に買ってもらったマンションを貸して、お友達のところにその間泊まるのかと思ったら、全く違いました!


調べて分かってきたことは、民泊の多くは、賃貸のマンションのまた貸しなんですね。
現在大阪を含む、いくつかの町が民泊許可の条例を持っているそうです。

登録には色々な条件をクリアしなくてはいけないみたい。

もちろん条例に従って営業しているところもあるけれど、
そうではない闇営業も多いみたいです。
大阪の条例では、宿泊は2泊以上のはずだけど、1泊からってところが多い。
それは違反ですよね。
ってことは、他にも基準に満ちていない部分があってもおかしくない。

だから、とりあえずそういった物件はスルー。

最初は全く気が付かずに、内装の写真や立地で候補を絞っていました。
で、ハウスルールとか読み進んでいくと変なルールがいっぱい。

中国語とか韓国語はわからないので、英語の部分のみの判断です。

玄関で靴を脱いでください。
夜は大声を出さないこと。
パーティーは禁止

この辺までは普通ですよね。


ドアには出ないこと。
同じマンションの人とは言葉を交わさないこと。
管理人には声をかけないこと。
知らない人から質問されたら無視して答えないこと。

こんな注意書きを読んで、おかしいって思わないのかな?

契約を結んでも当日行ってみたら、摘発されていて泊まれなかったなんて、最悪じゃない?

検索で、民泊のトラブルって探してみました。

そうしたら、ほとんどが住民同士でのトラブル。
隣の部屋が民泊してるけど、どうしたらいいでしょう、みたいな。

回答には役所に通報しろってものが多かったです。

実際に事情聴取された件とか、逮捕者が出た件もあるので、これから問題はもっと増えるかもしれない。

こんな物件が1泊100ポンド弱。
いい雰囲気でしょう?
この物件で、円だと日によるけど、13000円前後。
ホテルだとこのサイズだったら、多分3万円からってカンジじゃないかな?


かなり時間を割いて、いいなぁって物件をいくつも見つけたけれど、残念ながら民泊はあきらめました。
宿泊費は安いけれど、リスクが高すぎます。
火事とか盗難とか、保険とか、考え出したらキリないし。

マンションタイプにはキッチンがあるので、黒門市場で新鮮なものを買って、ティムちゃんに何か作ってあげようって思っていたけど、諦めます(笑)


イギリスのガイドの世界もモグリが多くて大変だけど、最近は民泊とかウーバのカーシェアとか、素人と玄人のラインが難しい。
違法かどうかのライン引きも、日増しに難しくなってきているようです。
大きな問題が起こるまで、摘発は後でに回るんだろうなぁ。





  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月9日月曜日

大阪人ってマンチェスター人と似てる?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


さて、楽しみにしている春の日本行き。
プランがどんどん出来上がってきました。

それにしても、旅行のプラン作りって大変。

私は旅行のプラン作りのプロです。
…でもそれはイギリス旅行の話。

全然知らない日本の旅行なんだから、素人と同じ。

生まれて育ったところだから、みきちゃんにお任せ
そんな風にティムちゃんは言うんだけど、かなりプレッシャー。

しかも前に書いたけど、ポンド安で、とりあえずなんでも高い。

移動ばかりの旅行は嫌なんだけど、折角なので、あれもこれもと欲張りプランになりつつあります(笑)

東京には興味がないので、フライトは大阪イン・アウト。

ところが、ティムちゃんが東京も見てみたいと言い出しました。


原因は桃太郎君です。
桃太郎君がティムちゃんに言ったことは;

大阪人ってさ、マンチェスター人と似てるんだよ。
何でも大阪が一番だと思ってる。
マミーはさ、典型的な大阪人。
マミーの意見は大阪人の偏見に満ちてるからね。

マミーの意見はマンチェスターの人がイギリスならマンチェスターが一番って言ってるようなもの。
もし自分が初めてイギリスに来たら、ロンドンは絶対見るべきだと思うでしょ。
マンチェスターとその近辺だけしか見ないってバカみたいだよね。

だからトーキョーは絶対に行くべき。

すごい意見でしょ?


仕方ないので、大阪で10日ほど過ごそうと思っていた予定を8泊に減らして、東京2泊をプランに加えました。

現在のプランは

関空イン、
大阪で2泊して旅の疲れをちょっと取る

高山で雪の温泉を楽しむ(4泊)

日向で親せきを訪ねる(移動も含めて3泊)

萩で古都とイギリスがらみの観光をする(4泊)

東京の観光(2泊)

大阪をベースに気が向いたら近所の観光(京都とか神戸とか?)
大阪には8泊の予定。

関空アウト

かなり忙しいプランでしょう?

大阪を出て、また大阪に戻るまでちょうど2週間。
そこで、この期間はJRパスを利用しようと思っています。
一人300ポンドちょっとでJRが乗り放題。

このパスは日本を訪れる外国人用。
これまでは国外に住んでいる日本人も利用できたのですが、この春から日本のパスポート保持者は利用できなくなってしまいます。

ギリギリセーフだなぁ。

元々は各チケットをその場で買おうと思っていましたが、東京までの往復も含むプランになってからお得感が結構出てきました。
ただ、のぞみは使えないとか色々条件があるらしい。

予約の仕方も今ひとつわからないので、これからちょっと勉強しなきゃ。

グリーン車と普通車って日本ではどれくらい違いますか?
イギリスではファーストは乗る価値があると思うんだけど。
実際ご存知の方教えてください。

あと、列車にスーツケースを置く場所がないってびっくり情報も入っています。
まさか本当?
大きなスーツケース、みんなどうしてるんだろう?
もし本当なら、宅配でホテルに先送りかなぁ。








  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月6日金曜日

スーパーマーケットでの会話

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

数日前のお話。

近所のスーパーマーケットにて。

この人は男性、電話中。
棚に並んでいるものが何なのかわかります?

これ、生理用品の売り場です。

この写真を撮る前に、ちょっとした会話が聞こえてきたので、紹介します。
もちろん相手の声は聞こえません。
この男性の声だけです。


「・・・で、何色の箱なの?
・・・覚えてないの?
・・・それじゃわからないよ。
・・・え? 何の匂い?」

ここで、この男性、ある箱を手に取って匂いを嗅いでみました。

「いや、そんな感じの匂いじゃないよ。
っていうか、何の匂いもしない。
 ・・・箱を開けたわけじゃないよ。
・・・・・
・・・じゃあ写真を撮って送るから、見てよ。」

果物とかならわかるけど、生理用品の匂いをスーパーで嗅ぐ人初めて見ました。

電話しているのを見たからいいけど、
もしそれなしで、ただいろんな生理用品の匂いとか嗅いでる人をスーパーで見かけたら、通報しようかどうしようか考えるだろうなぁ。
ま、多分、通報まではしないけど。

きっと彼女か奥さんが
xxの匂いがするのが欲しいって言ったんだろうなぁ。

せめてブランド名が分かるといいのにね。


ティムちゃんだったら公衆の面前で生理用品のにおいまで嗅ぐかなぁ?

私もティムちゃんに生理用品買ってきてもらうことはあるけど、空箱を見せて、これと同じの買ってきてって言います。


去年スペインに行った時は、現物がなかったので、絵をかいて、薬局で見せるように言いました。
ちゃんと間違えずに買ってきましたよ。

この写真を撮った後、その場を離れましたけど、ちゃんと買えたかどうかすごく気になります(笑)




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月3日火曜日

お誕生日のお出かけランチ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

私のお誕生日は12月の終わり近く。
クリスマスと新年の間なので、何かと忙しい。

ティムちゃんからはマークジェイコブスのセーターをもらいました。

寝室で明かりを落としていたのでちょっと違う色に見える。
きれいなピンク色です。


桃太郎君は何を選べばいいかわからなかったそうで、ファッジを見繕ってくれました。
甘いもの好きじゃないんだけど、ま、いいか。
エディンバラのお店で、あまり甘すぎないものを選んだそうです。


ティムちゃんとお誕生日ランチにお出かけ。
桃太郎君とガールフレンドの Bちゃんも一緒。
列車でウォータールーまで出て、その後、地下鉄に乗り換え。

桃太郎君が一緒なのがうれしくて、彼の写真ばっかり撮りました(笑)
 桃太郎君も私の写真をたくさん撮ってくれました。


 到着したのはロンドンブリッジの脇にあるバラマーケット。

ランチはこのマーケット内にあるローストレストランです。
早速メニューを見てみる。


こちらは私の前菜、ホタテの貝柱。
Seared scallops, chestnut sauce, apple and cured wild boar
£14.50

Bちゃんはファゴット。
Welsh lamb faggot with spiced carrot purée and toasted almonds
£11.75
 ラムのミートボールみたいなもの。
けっこう庶民的なお料理なんだけど、最近いいレストランでよく見ます。

桃太郎君はハギス(羊の内臓のミンチ)で包んだスコッチエッグ。
Haggis and Lorne sausage Scotch egg with piccalilli
£9.50 
とてもおいしかったそうです。

ティムちゃんの前菜は焼きカニ。
Baked crab in shell with grain mustard, Berkswell and Coburg crumb
£12.25

ご飯もおいしいけど、桃太郎君がお向かいにいるのが一番幸せ。

桃太郎君がメインに選んだのは和牛バーガーです。
Sussex Wag yu burger with jacket wedges and truffle mayonnaise
£23.50

ティムちゃんは今日のスペシャルから子豚のロースト。
Roast rare breed suckling pig
with mashed potato and Bramley apple sauce
£34.50

私は Bちゃんとシャトーブリアンをシェアしました。
Roasted East Anglian chateaubriand
with beef roasties in dripping and Yorkshire pudding
£77.00


デザートにアップルクランブルを頼んだら、お誕生日おめでとうのメッセージ。
ティムちゃん、ステキなランチをごちそうさま。

飲み物は乾杯にハウスシャンペン、

白ワインは Bourgogne Chardonnay 2014, Domaine Rene Monnier £45.00
コストパフォーマンスがすごくいいワインです。

赤ワインは Les Allées de Cantemerle 2009, Haut-Medoc £67.00
お肉にとてもよく合いました。

いいレストランはワインがとても高いのですが、ティムちゃんはいつも安くておいしいワインを選んでくれます。

ティムちゃん、いつもどうもありがとう。

ローストレストランはカジュアルで楽しめる英国料理のお店です。
気取らない気軽さがいいし、地下鉄駅からもすぐ。
マーケットの横なので、お買い物もできておすすめです。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年1月1日日曜日

明けましておめでとうございます

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年12月26日月曜日

今年の七面鳥

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



去年はガチョウを焼きましたが、今年は七面鳥。

サリーの農場に予約してあったものを23日に受け取りに行きました。
重さは約5㎏です。
毎年いろいろなレシピを調べてお料理します。

今回試してみたものは、今までで一番だったので、記録のために記事にしておきます。

日本にお住まいだとお料理しないかもしれませんが、
七面鳥って大きいので、長時間火を通して、パサつくのが一番の問題。

このレシピはしっとりとした身がおいしくて、
残りもサンドウィッチなどに大活躍でした。

おそらく来年も同じ方法でお料理すると思います。

時間などは5㎏の鳥のものです。

まず、取りが入る大きさのロースティングパンに水を500ml。
そこに香味野菜を入れます。
玉ねぎを1個、四つ切理にしました。
ニンジンは小さいものを2本。
セロリも2本。

そこに七面鳥を胸を下にして、180℃のオーブンで1時間焼きます。


もう一つのロースティングパンにはガチョウの脂を入れてオーブンへ。
ジャガイモとパースニップは下茹でして水分を飛ばしておきます。

七面鳥、1時間して取り出したらこんなカンジです。
この鳥をひっくり返して胸側を上にします。
きれいな布巾で両脇から包見込むようにするとうまくいきます。


ベーコンをこんな風に乗せてオーブンに戻します。
温度は180℃のまま。

その時にガチョウの脂にジャガイモを入れて、オーブンの下段に入れます。

そのままベーコンを取り除くのを忘れてしまったのですが、胸にも焼き色がつかないと美味しそうじゃないので、20分くらいで取り除いた方がいいです。
私は30分以上してから思い出したので、ちょっと焼き色が薄くなってしまいました。
これはその後40分ほど焼きました。
七面鳥はオーブンから出して、温度を測ります。
肉の一番厚いところに温度計を刺して、65℃ならOK です。
フォイルをかぶせて、さらに布巾をかぶせておきます。
七面鳥を取り出した後に、ジャガイモを返してパースニップを加えます。
で、オーブンの温度を210℃に上げて、スタッフィングを入れます。

七面鳥の入っていたロースティングパンは中の汁をお鍋に移します。
油がかなり入っているので、うわばみの部分を捨てます。
これをもとにグレービーを作ります。

芽キャベツは下茹でして、炒めたベーコンと炒め合わせて塩コショウで味を調えます。
お皿に盛ったら出来上がり!

ごちそうさま!



  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。