2015年3月4日水曜日

ダウントンアビーのロケ地

 英国ドラマが大好きな方は「ダウントンアビー」をご存じだと思います。

まだ日本ではシリーズ2までしか放映されていませんが、イギリスではシリーズ5が終わりました。
ロケ地になった場所は、イギリス人だけではなく世界中からファンが訪れています。

そんなロケ地の一つ、コッグス・マナー・ファームに行ってきました。

ファームを歩くということで、ちょっとお天気が心配でしたが、きれいな青空。

 このファームは春から初冬まで一般公開されています。
今年のシーズンは3月21日から。
ということで、一般公開前の下見といったところ。

ダウントンの撮影が月曜日からあるそうで、準備が行われているのを見ることができました。
ラッキー。

これは、ちらっとのぞかせてもらったバンの中。
いろいろな道具でいっぱい。

 小道具をその場で作ったりもします。
時代背景が異なるものを隠したりするのに、発泡スチロールが使われていました。
 例えば近代的なライトとか、呼び鈴とか、アンテナなど、70年前にはなかったものも今の建物にはいっぱいくっついています。
取り外すわけにはいかないので、覆い隠す方法がとられます。

マナーハウスの中でお茶をいただきました。
壁にはドラマのシーンがたくさん飾ってあります。

これは小道具として登場した出生証明書。
撮影隊が帰った後でゴミ箱から発見されました。
今では重要なデコレーションです。

 紙切れ一枚は捨ててしまうかもしれません。
でも捨てない小道具の方が圧倒的に多いです。
コテージの脇にもたくさん並んでいました。

このコテージ、ダウントンアビーでは、Yew Tree Farm という名前。
なので、段ボールの箱にもそう書かれています。

ボランティアの係りから、どこでどんなシーンが撮られたのか話を聞かせてもらいました。

このお部屋は本当はマナーハウス(お屋敷)のキッチン。
撮影時は裕福ではない農家の台所兼居間に模様替えをします。
  i Pad の写真を確認しながら、前回と同じ小道具を並べるそうです。
もちろん撮影の後はまた元に戻します。
撮影って俳優さんたちが来る前の準備などの方が時間がかかるようです。

お土産に頂いたここのマグ。
シーズン中は小さなカフェとギフトショップがあるので、そこで購入可能。

ダウントンアビーに興味がなくてもファームは楽しめます。
 また、子豚やヤギ、鶏など、ファームの動物を見ることもできます。
私達が行ったときにはいませんでしたが、子豚ちゃんはデイヴィッドカメロンが贈ったものだそうです。実はここ、彼の選挙区。
なので、ここにも来たことがあるそうです。

子豚ちゃん2匹の命名は、なんと自分の娘たちと同じ名前。
フローレンスとナンシーだそうです。


コッツウォルズのバーフォードからそんなに遠くありません。
コッグスマナー・ファーム(リンクします)



***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2015年3月2日月曜日

お姫様気分で泊まるベアーホテル

さて、前回の記事で紹介したウッドストック

泊まるところはたくさんありますが、おすすめはここ。
ベアーホテル(リンクします)

その名の通り、入口を入ったらクマちゃんがお出迎え。

今回私が泊まったお部屋はこんな感じ。
お姫様になった気分(笑)

このお部屋はメインストリートに面していましたが、全くうるさくありませんでした。
無料のWifi もあったし、ネスプレッソマシーンも。
 ルームサービス(利用はしませんでしたが)も充実していました。
ティムちゃんと来るときは重要事項なので、必ずチェックしてしまいます(笑)


私にとっての重要事項はバスルーム。
広~い!!

しかも、シャワーも別になってる!
 アメニティーもステキ。

さて、今回はお仕事で15人くらいのグループでした。
ちょっと人数が多くなると、雑になりがちなサービス。
でもここはそんな心配は無用。
お願いしたらこんなポーズもとってくれました。

これはスモークサーモン。
イギリスではよく前菜に登場します。
ここではキュウリとクレームフレッシュでいただきました。
ベアーホテルはスコットランドの会社が経営しているので、
「スモークサーモンは上等なスコットランド産のもの」と自慢されてしまいました。

メインにはラムをいただいたのですが、とってもやわらかくて好評でした。

こちらはイギリスを代表するデザート、クランブルです。
リンゴを煮て小麦粉とバターを混ぜ合わせたものをトッピングしてオーブンで焼きます。
アツアツを冷たいアイスクリームと一緒にいただきます。

リンゴのさわやかさとトッピングの歯ざわり、溶けだしたアイスクリームが一体となってとてもおいしい、イギリスらしいデザート。


 食後のコーヒーと一緒に出てきたのはマカロン。



話は変わってお部屋のネスプレッソマシーン。
最近いろんなホテルで見かけるようになりました。

 この間紹介した、シャングリラホテル(リンクします)にもありました。

操作はとっても簡単。
でもカートリッジを入れて、ボタンを押すだけ。
でも、もう一度そこを開けると未開封のカートリッジでも自動で捨てられてしまいます。

どうやらよくある失敗例らしい(笑)
お湯しか出てこなくて、ちょっとびっくり。

これは、失敗に気が付いて、カートリッジを入れなおした2回目の写真!!

さて、こちらは朝ご飯。
典型的なイングリッシュブレックファストです。
朝からしっかり食べて、ゆっくりウォーキングを楽しむのがイギリス風!





***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2015年2月28日土曜日

世界遺産があるウッドストックの町

世界遺産のブレナム宮殿があるウッドストック。


町のどの部分からでも、徒歩10分以内でブレナム宮殿の入り口です。
この写真は入口から撮った宮殿の写真。

遠くて見えないでしょう?
公爵家のお屋敷ですからね。
入口のそばにあったら、門番小屋になっちゃいます。

ちょっとズームしてみましょう。
まだ、観光客のいない、朝の風景。
そんな景色がみられるのも、このウッドストックに泊まったから。

ここは、ウィンストンチャーチルが生まれたお屋敷です。
マルボロー公爵家の領地で、お屋敷とお庭が一般公開されています。

ロンドンから車で1時間半程度なので、日帰り客がほとんど。
でもこのブレナム宮殿があるウッドストックは通り過ぎるだけではちょっともったいない。

ウッドストックはその名の通り、木のかせから名前がとられています。

軽犯罪者に適用された刑罰です。
手足や首を動けないようにして、さらし者にしたわけ。

これが、ウッドストックにあるかせ。
ちょうど地区教会のお向かいです。

教会の横のおうちに何気なくかかっていたプラーク。
ピューリタン革命時代の話。
歴史のある町ならでは。

 これが地区教会です。
主な部分は15世紀の建物なんですが、裏に回ると12世紀の入り口が!

こんな丸いアーチの入り口をノルマン様式といいます。
素朴でいい感じ。
こんなところで礼拝を受けるのもいいかも。

町はそれほど大きくありませんが、小物屋さんやカフェがたくさんあります。

それでは次の記事でウッドストックおすすめのホテルを紹介します。








***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2015年2月25日水曜日

ロンドンで一番のホテル

ロンドンで一番のホテルはどこですか?

そう聞かれると、ちょっと迷います。

レストランと同じで、お客様の好みとかいろいろな要素が入ってきますからね。

でも、「一番ホットな」とか、「話題の」ということなら間違いなく…

シャードの中にあるシャングリラ。

昨日、ちょっと訪れる機会があったので紹介しますね。

まず、シャードは西ヨーロッパで一番高いビル。
と言っても日本のスカイツリーほどではありません。
309.6 メートル。
72階建てです。

その中の34階から52階までをシャングリラホテルが占めています。
入口はグランドフロアーだけど、そこでハンドバッグのセキュリティーチェックを受けて35階へ。
35階がチェックインフロアーになります。


ロンドンのアイコニックな景色が広がります。

こちらは52階のバーエリア。
お隣にはプールがあって、夜はバーになるそうです。
ここは宿泊しなくても使えるそうなので、夜景を楽しみに来るのもいいかも。



ロビーから階段で一つ下に降りるとバンケティングフロアー。
貸し切りにして、パーティーなどに使えます。

個室もあって、今回はそこでお昼ごはんを頂きました。
セッティングもかっこいい~。

ここのシェフは以前シャングリラ東京にいたんですって。
ちょっと和のテイスト。

軽くスモークされたサーモンはマンゴソースで。

メインはスズキです。
そしてパッションフルーツのクランブーレ。
どれも軽めでとてもおいしくいただきました。

お食事の前にはお部屋をいくつか見せてもらいました。

シャングリラのお部屋はすべてウォシュレット付。



あたりまえでしょうとかって思わないでください。
ロンドンでは非常に珍しいのです。
たぶん全室に付いているのはコンノートとここくらい?

私は仕事柄いろんなところに泊まりますけど、ロンドンでは最高級といわれるゴーリングにもクラリッジーズにもありませんでした。

ロビーのフロアーのお手洗い(女性用)は一つだけ窓がついている個室があります。
 ブラインドが下りていて景色は隙間からだけ。
35階だから私は見えない方がうれしい。
でもお友達によれば、このブラインドを上げるボタンがあるそうです。

私は探しもしなかったので、次回の課題にします(笑)

そして便座が温かいウォシュレット付のお手洗い。

たまにお客様でウォシュレットがないところには泊まりたくないという方がいらっしゃいます。
これからはシャングリラへどうぞって言えますね。

写真をいくつか載せますね。

これは一番低価格のお部屋。
かなり広いのですが、南側に面しているので景色は今一つ。
それが安い理由です。

全室バスタブとシャワー付。
アメニティーはアクアデパルマ。
また、お部屋にはバスローブのほかに浴衣が用意されています。

金融街が見渡せるお部屋だと、バスルームもちょっとアップグレード。
こんなところで夜景を見ながらシャンペンを飲んだらステキだろうなぁ。


セキュリティーもしっかりしているし、安心して泊まれるホテル。
ホテルのサイトをリンクしておきます。









***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2015年2月22日日曜日

ストラットフォードのおすすめレストラン

前回紹介したシェイクスピアの生家(リンクします)

ストラットフォードには劇場が3つもあります。
さすが、シェイクスピアの故郷。
そのうちの2つはこの建物の中。
手前がスワン座、奥がロイヤルシェイクスピア劇場。

中は改装がされてつながっています。
そして最上階がレストラン。
観劇前のお食事はもちろんですが、普通にランチを取りにも。

窓際の席は眺めがきれいです。
 エイヴォン川のほとり。

ストラットフォードというのは「大通りにつながる船着き場 」という古英語。

なので、イギリスのあちこちにある町の名前なんです。
そこで、横に流れる川の名前を付けたりして他と区別します。

なので、この町はストラットフォード・アポン・エイヴォン。

エイヴォン川のほとりのストラットフォードということです。

高い場所が苦手な人は内側の席を選ぶといいです。
古いポスターや、スワン座の壁を見ながらの食事も趣があるかな。


お食事はカジュアルに楽しめる英国料理が主です。

ランチにはフィッシュアンドチップスもあります。
チップスの色が見事な黄金色でした。

子供連れでも気兼ねがありません。
サービスもすごくいいのでお勧めです。






***お知らせ*** 
英国公認日本語観光ガイド協会ではチャリティーツアーを行っています。 
詳しくはウェブサイト(リンクします)をご覧ください。     
 *******



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。