2016年7月19日火曜日

イギリスではどんなお魚がおいしいの?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

イギリスは小さな島国です。

日本よりも小さい。

なので、近海で取れるお魚は流通するのにそんなに時間がかかりません。


どのへんで捕れるかは、お魚によって違います。

西の端っこ,デボンやコーンウォールに行くと、とれたてのスズキをお刺身にすることだってできます。

そして、スパイダークラブといって甘い身がいっぱいのカニも捕れます。

北のスコットランドに行ったらホタテとか手長エビが安くておいしい。

生ガキはあちこちで採れるし、コックルと言ってアサリを小粒にしてぷっくりさせたみたいな貝もおいしい。

サバやニシンもあちこちで捕れる。
川マスもウナギも捕れる。

フィッシュアンドチップスで人気のタラ類は北海側。

そしてスコットランドの養殖サーモンビジネスは持続性と経済性の両方でイギリスの人たちに根付いている。


でも私が一番好きなお魚はぺちゃんこのお魚たち。

中でもタルボット(平目)は手ごろな大きさのものが売られていると即買い。
ロンドンでは、二人でちょうど食べ切れるくらいのサイズだと25ポンドから30ポンド強。
レストランでもよく見かけます。

レモンソールといってカレイの仲間だともっと安い。
更にプレイスという名前のオレンジの斑点があるカレイはもっと安い。

ティムちゃんは、レモンソールのデリケートな白身をフライパンで簡単に焼き付けたものをレモンとバターのソースで食べるのが好き。
お魚屋さんで捌いてもらって、骨も皮もみんな取ってもらいます。

私はヒラメ系のお魚の方が好き。
タルボット以外だと、ドーバーソールとかブリルとか。
私はお魚は丸ごと焼く方がおいしいと思ってる。
特にヒラメ系はオーブンで焼くのが好き。


昨日は天然のレモンソールがおいしそうだったので、ちょっと一人用には大きかったんだけど、お買い上げ。

近所にあるスーパーでお魚を買うとこんな風に包装してくれます。

近海で取れた天然ものと書いてある。

煮付けにしようと思っていたので内臓を出しただけで丸ごと。
まな板にちょうどくらいの大きさ。
お腹の切れ目を下にしたら右を向いてるのがカレイの仲間らしい。

よく見ると宇宙人みたいな顔してる。
アップでどうぞ(笑)

写真撮ったりしながらキッチンで白ワイン飲んでたんだけど、なんだかおつまみっぽいものが食べたくなって急きょメニュー変更。

ティムちゃんはお仕事で遅くなるから一人。
なので、時間も何にも気にならない。

そこで、カレイを5枚におろして、食べやすい大きさに切りました。
レモンソール、初めて捌いたけど、けっこう簡単。
私はあんまり乳製品を食べないので、カルシウム不足かもと思って、骨まで食べることにしました。
ペーパーでしっかり水けを取って、塩コショウして小麦粉をまぶします。

中火でじっくり、きれいなきつね色になるまで。


揚がったらこんなかんじ。

揚げたてはカリカリでおいしい!
ワインのお供にぴったり!

あのカレイがこんな風になりました。
骨まで食べるなら、十分二人分はある。
身の方はサクサクの衣でなかはふっくら。
レモンソールはから揚げに向いてるお魚です。
見かけたらまた作ってみよう。



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月17日日曜日

ポケモンGOって危ない?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)


イギリスで今何が流行っていますか?

そんな質問をお客様にされると、いつもは困ってしまいます。
だって、イギリスでは世代や暮らしぶりで好きなものが違うので、ひとくくりで何が流行っているとは言い難いのです。

でも今ならきっぱり言えます。

ポケモンが流行っています(爆)

桃太郎君が子供の時に好きだったなぁ…。
そう、あのポケモンが携帯電話用のアプリになってイギリスに上陸したのです。
それが木曜日のお話。
金曜日には大人気とニュースになったので、新しい物好きの私も試してみました。

予備知識もなく、開ければどうにかなるだろうと思って10分以上格闘しましたが、ダメ。
ボールをモンスターの上にドラッグすると思って、色々なタイミングでやってみましたが、全然キャッチできません。
そのうちいい加減に投げてみたらつかまりました。
な~んだ。
意外に単純だったわけね。

一匹目。

土曜日にリッチモンド公園をドライブしながら鳩とかドブネズミみたいなのを何匹も捕まえましたが、ふと見るとあちこちでそれらしい人たち。

大人も子供も家族連れでも一人でも、いろんな人がいました。

アメリカでは交通事故を起こしたり、崖から落ちた人もいるそうですね。
イギリスでは洞窟に入り込んで消防隊が救助したティーンエイジャーの男の子たちがいます。
ちなみにその洞窟にはポケモンはいなかったそう。
またマンチェスターではゲーム中の子供が携帯電話を強盗された事例も報告されています。
ナイフで脅されて携帯電話を取り上げられたんですって。

このアプリを開くと、ローディングの時に周りに注意してって表示が出てくるんですが、夢中になっちゃって周りが見えない場合もあるでしょうね。

昨日の午後はハッカーがサイバー攻撃を仕掛けたそうです。
また、グーグルのアカウントでもログインできるので、その権利をダウンロード時に許可することから、インフォメーション漏えいの危険もあるとか…?

怖がっていては何もできない世の中ですが、ちょっと怖いかなぁ?

とりあえずショップでお買い物はせずに、単純にモンスターを見つけるだけなら大丈夫かなぁ?

お仕事上観光地に行くからモンスター発見率は高そう。
首相官邸にピカチュウがいるとの情報もニュースで流れました。
だけどお客様そっちのけで画面を見るわけにもいかないので、関係ないか。

何も考えずにニックネームを本名にしたけれど、ニックネームは誰でも見えるらしいのでとりあえず最初のアカウントはもう使わないことにしました。

おうちの外に出ている=おうちにいないっていうのは、大々的に広告しなくてもいいことですし。

桃太郎君が小さな時にこのゲームがあったら、一緒にポケモン探しに出かけたりとかしただろうなぁ。
そんなことを思ったりもしますが、小さな時はお外に遊びに行こうといえばそれでOKだったわけで。
どちらかといえばティーンエイジャーになって、そんなに外に出なくなった時に効果的なのかも。

最近の子は冒険をしなくなったといわれて久しいです。
洞窟に入り込むのは極端な例として、普段あるかないところを歩いてみようという気にさせるこのゲームのコンセプトはすごいと思いました。


一昨日は任天堂の株が86%上がったとか?

ティムちゃんは全く興味がないみたいで「ばからしい」って私に言います。

子供の時にカード集めとか、いろいろやらなかったの?
そんな風に聞いたら、
カードとかは集めたけど、それは実際に僕の手の中にあった。
みきちゃんのポケモンは本物じゃなくて電話の中にあるだけだから集めたことにはならない、ですって。

写真を撮るだけで、プリントしないのと同じで、なんでも電話の中にある。
とても悲しい世の中だ。

なんて、お爺さんみたいなことを言ってます。





  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月15日金曜日

おいしいお鮨屋さんで食べ放題やってます!

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)



7月半ばのロンドン。
これからの季節はホリデーに出かける人が多いです。

私立の学校が夏休みに入るのは7月はじめ。
公立の学校も今月の終わりにはお休みに入ります。

そこで子供のお休みに合わせて休暇をとる親が多いのです。

ただでさえ混んでいる博物館は家族連れでいっぱい。

こんな夏休み中は観光地以外のレストランは暇になります。
金融街の中とか、住宅地とか。

そこで、色々なプロモーションをやっていたりします。

今日紹介するのはお鮨とお酒が大好きな人におすすめ。

一人60ポンドで(え~高いよ~!!と思わないで)
お鮨食べ放題
そしてシャンペン飲み放題。

日曜日の12時から5時まで。
Yashin Ocean House(リンクします)

日本人のオーナーシェフというのもうれしい。



メールを開けた時に
私のためにあるようなプロモーションだわ!!
って思いました(爆)

お鮨とお酒が好きなお友達を誘っていこうと思います。

このレストランは以前ロンパラさんと行った時に記事にしました。

高級住宅地のおすし屋さん(リンクします)

記事の中にも書いたけど、ここ、すごくおいしいけどアルコールはお値段高め。

特にここだけってわけじゃない。
ロンドンの高級店はお酒がどこも高いので、のん兵衛の私はいつも飲みたいだけ飲めません(嘘です)
なので、シャンペン飲み放題はお鮨食べ放題よりもうれしい(笑)
いつ行こうかな~

このレストラン、高級住宅地にあって、外観はこんな感じ。

楽しみだな~。




  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月13日水曜日

イギリスの新しい首相、メイさんもやっぱりオクスフォード出身

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

今日、7月13日にイギリスの首相が交代しました。
お坊ちゃま君、カメロン首相から替わって、メイさんが任務に就きます。

水曜日には首相に対する質問の時間が国会で設けられているイギリス。
今日はカメロンさんの最後の舞台とあって、家族も見学に来ていました。

スピーチ上手だし、ユーモアがあってこの人が首相の座から降りるのはイギリスにとって損失だと思う。
これからはウィットに富んだ会話の代わりにどんな靴を履いているかを楽しみにするなんて、かなりがっかりな水曜日になりそう(メイさんは派手な靴で有名なんです)


名門イートン校を出て、オクスフォードのブレイズノーズカレッジに進んだカメロンさん。
でも新しい首相メイさんも、オクスフォード出身。

じつは歴代の英国の首相は、ほぼオクスフォード出身者で占められています。
56人の首相の内、オクスフォードが約半数の27人。
ケンブリッジは14人。
3人はその他の大学。
チャーチルを含む11人は大学に行きませんでした。

20世紀以降のオクスフォード出身のイギリスの首相を書いておきます。

名前(首相の任期)オクスフォードのカレッジ名

Theresa May(Jul 2016~)St Hugh's

David Cameron(May 2010-May 2015)Brasenose

Tony Blair(May 1997-Jun 2007)St John's

Margaret Thatcher (May 1979-Nov 1990)Somerville

Harold Wilson (Oct 1964-Jun 1970+Mar 1974-Apr 1976)Jesus

Edward Heath(Jun 1970-Mar 1974) Balliol

Sir Alec Douglas-Home(Oct 1963-Oct 1964)Christ Church

Harold Macmillan(Jan 1957-Oct 1963)Balliol

Anthony Eden(Apr 1955-Jan 1957)Christ Church

Clement Attlee(Jul 1945-Oct 1951)University College

H H Asquith(Apr 1908-May 1915+May 1915-Dec 1916)Balliol

こうしてみるとバリオルカレッジの出身者が多いですね。
日本では雅子さまがいらっしゃったカレッジといえば、聞いたことのある人も多いかも。

20世紀以降という枠を外して、歴代の首相というくくりで見ると、一番多いのはクライストチャーチです。
過去、13人がこのカレッジの出身。

人脈というものは日本でもイギリスでも政治の世界の基本。
その人脈は自分で開拓することもできますが、同郷だとか、出身校なんかもキーになります。
オクスフォードはイギリスの政治家だけではなく、外国の政治家や元首出身の人たちが多いのです。

そんなオクスフォードを歩いて街の魅力を楽しんでください。
ロンドンからは鉄道やバスで簡単にアクセスできます。
オクスフォードへの行き方(英語のサイト)


オクスフォードのランドルフホテル(リンクします)はランチセットがお得。
ここはつい最近まで、内装工事をしていて、ずっと覆いが被っていましたが、やっと終わったみたいです。

2コースで12ポンド、3コースで15ポンド。
私が食べたのは前菜にサラダ。
メインにはビーフをじっくり煮込んだもの。
デザートはイチゴのチーズケーキ。
そんなに混んでいないので落ち着いてごはんが食べられます。
観光にも便利な場所。


  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月11日月曜日

おいしいジャムはどれ?

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

ロンドンから北東にずっと行くと、エセックスという州があります。

今でこそエセックスには成金の住んでいるところというイメージがありますが、昔は畑の広がったのどかな州でした。

今でもところどころに緑が広がっていて、Tiptree という町もそんな一つ。

ここに有名なジャムの工場があります。
博物館も併設されている Wilkin&Sons 。

ここはこの町に農場も持っていて、なんと現在100ヘクタール!

今日はここのティールームでアフタヌーンティーをいただきました。
 とっても素朴で好感が持てるケーキ類。

最近この会社ではジュースの販売も始めたそうです。
フルーツの専門家が作るだけあって、素材からこだわった逸品。

よくお客様から、おみやげにおいしいものを買いたいって言われるんですが、私が一押しなのはここのジャム。

ただのジャムじゃないですよ。
 リトルスカーレットという品種のみで作ったジャム。
この原料になるイチゴは大変に小さくて、フレーバーがしっかり。
でも残念なことに摘んだらすぐに悪くなってしまうんです。
なので、この工場の敷地内の農場で採れるものを摘んですぐジャムにしています。

たくさんは作れない品種で、しかもここ Tiptree でしか採れません。
 貴重なんですよ~。

日本の方はあまり甘くないジャムに慣れているので、イギリスのジャムは正直甘すぎると思います。

これも日本のものに比べると甘いです。

でもね、酸味とのコンビネーションがたまらない。
そしてこのジャムを味わう最高の方法はクリーミーなものと合わせること!

スコーンとクロテッドクリーム!!

私は甘いものが苦手なので、普通はジャムを薄く塗って、その上にクリームを乗せます。
こんなカンジ。


 でもね、このジャムはおいしすぎてその食べ方じゃ味わえない!
クリームをたっぷり載せてから、ジャムをドロップしてください。

こんな風です。
甘そ~う!!
大丈夫、安心して。
甘いもの苦手な私がお勧めするんだから(笑)

 日本ではクロテッドクリームがあんまり手に入らないんですよね。

だったらサンドイッチ用の薄切りパンをトーストに焼いてください。
そして、そこにたっぷりとバターを置きます。
塗るんじゃないですよ。
置くんです。

そこにこのジャムをドロップして食べてください。

一口分ずつジャムをドロップして、そこを頬張る。

聞いているだけでもおいしそうですね。
書いている私もそう思います(爆)

このトーストを海外出張から帰ってくるたびに朝食に楽しむ有名人がいます。


ジェームスボンドさん(笑)

ロシアから愛を込めてという作品で、Wilkin&Sons のリトルスカーレットのジャムが登場します。
さすがグルメのイアンフレミング。
ジェームスボンドの作品にはこだわりのイギリスの食がよく登場しますが、これもそんな一つというわけ。


私がこれ以上言うよりも、この写真が証拠。
数多くお客様をアフタヌーンティーにご案内させていただいていますが、こんなにきれいにお皿が空っぽになったことはありません。

 お店の中には2010年に女王陛下がお越しになられた際の記念プレートがありました。
ここのジャムは女王様御用達。
 そしてそんなジャムをまとめ買いできるショップも併設されています。


ジャムはロンドンでも手に入るので探してみてください。
でも確実なのはオンラインで買うことかな?

日本で買うと一瓶1500円以上するけれど、こちらでは4ポンド(今日のレートで600円)です。


  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月7日木曜日

テレビに出たよ~!

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)


春ごろ収録のお手伝いをさせていただいた番組がオンエアされました。

早速お客様の何人かが

「みきちゃん、テレビ見たよ」
ってメールを下さいました。


普段人前で話すのがお仕事なので、引き受けた時は簡単だと思っていました。

以前にもイギリスのテレビとか、各種プログラムの撮影なんかをお手伝いさせてもらったことがあるので、初めてってわけでもないし。
それなのに、現場ではかなり緊張しました。
かなり顔がこわばって緊張がほぐれる頃には撮影はおしまい。

お客様が個人的にビデオに撮られる時は全然緊張しないのになぁ。

ご興味のある方は是非どうぞ。
2度目のロンドン「おこづかい5万円で充実旅」

NHKの地デジドキュメンタリー番組です。
イギリスからは見られないので、DVD待っているところ。
なので私はまだみていません。
ちょっと楽しみ。


この番組でも少し触れていますが、大英博物館は私が大好きな場所の一つ。
NHKというメジャーな媒体で紹介できて、すごくうれしいです。


もう一つこの春にかかわったお仕事。
クレアという雑誌が年に4回トラベル特集号を出していて、先月ロンドン特集が発売されました。
クレアトラベラー、ロンドン号(リンクします)

この中で大英博物館に関する記述の部分に出てくる「公認ガイド」って私。
名前や写真は出ていません。
コーディネーターの人から
「大英博物館の展示の中からベスト10を選んでほしい」
そんな風に言われたので選ばせていただきました。

無名の作品でもいいから、却って知られていないものの、ガイドならではの選択と、その選択の理由を知りたいってことだったんです。

でもね、私が選んだ10の作品と、雑誌に載っているチョイスはビミョーに違います。
殆どはそうなんだけど、いくつかは
「誌面が映えるようにもっと色がきれいなものを入れたい」
って撮影の現場で言われて、慌てて紹介したものや、無名なものばかりじゃなんなんで、これは絶対入れてくださいって言われたものも含まれています。

やっぱり見る人が楽しくなければ、作る側の思い込みだけでで載せるのはよくない。
雑誌ってただパラパラ見るだけじゃ伝わらない影の努力で作られているんだなぁって実感しました。

どの業界でもそうだと思うけど、お客様の目に触れる出来上がった作品の陰にはたくさんの人たちの手がかかっている。

昨日からお仕事で食品関係の商品開発に携わっている方たちのお世話をしています。
昨晩のディナーで、主催者が「英国で見たこと感じたことを新商品開発の際の糧にしてほしい」っておっしゃったのが印象深かったです。

気を引き締めて、お役に立てるように努力したいなぁって感じました。





  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月4日月曜日

さようなら桃太郎君

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

このブログを始めた時にはまだ中学生だった桃太郎君。

学校とおうちの往復以外はどこにも一人で出かけたこともない箱入り息子でしたが、すくすく大きくなって、とうとうこの夏大学を卒業します。

ということで大学のあるレスターから引き揚げてきました。

一人でおうちにいるのは嫌だから、と私たちのホリデー帰宅に合わせて帰ってきました。
これからまた楽しい3人暮らしに戻るって楽しみにしていましたが、甘かったです。

もう就職が決まって、来週からお仕事。

日本の新入社員が一斉に4月入社なのに比べると、イギリスはずいぶん違います。
人が必要なのは時期を選ばないみたい。

就職先は何とスコットランドです。
離れちゃうなぁ。

でも飛行機で1時間。
「会おうと思えばいつでも会えるし、大学に行くのと変わらないよ」
そんな風に桃太郎君は言うのですが、そんな風には思えません。

ロンドンにいる間に学校時代のお友達と合ったり、テイラーに行ったり、いろいろ忙しい桃太郎君。

私もホリデーから帰ってきてお仕事開始です。



これ、おうちのドア。
この間、桃太郎君もティムちゃんも夜までお出かけの日に、カギを忘れて出かけてしまいました。
ホリデーぼけですね。

郵便が入るところから手を入れて、何とか開けようとしましたが、全然ダメでした。
数年前にセキュリティーのために、そんなことができないドアに変えたのが理由。
以前のドアだったら実は簡単に開けることができたのになぁ。


仕方なく桃太郎君にお電話したら、お友達との食事を中断して鍵を持ってきてくれました。
(その後すぐ戻っていったけど)

いつの間にか頼りになる大人になっちゃったなぁ。
っていうか、私が頼りないだけなんだろうけど(笑)

でも桃太郎君、子供っぽいところもある。
引っ越し荷物の中にトトロとピカチュウ発見。

 すごい量のお荷物。

 引っ越し等の費用は会社負担だけど、できるものはみんな真空パックにして小さくしていくそうです。

ピカチュウ、痛そう(笑)
裏のトトロの顔はもっと面白かったけど、写真を撮ったと思ったら撮れていなかったみたい。
お見せ出来なくて残念。

これから大変なのは新居探し。
何軒か見学のアポイントメントも取ってあるそうですが、新居が決まるまではエディンバラでホテル暮らしだそうです。

ロンドンのお家賃が高いのは有名だけど、エディンバラも高いです。

何軒か写真を見せてくれましたが、ひと月800ポンド前後のところを探しているようです。
ティムちゃんは、もしお値段が高すぎたら1か月100ポンド出してあげるから、少額のお家賃をケチって変なところに妥協しないようになんて言ってます。

せっかく自立するのに、それは彼のプライドにもちょっとよくないんじゃないかと思っていたら、案の定桃太郎君がいらないって断っていました。

ティムちゃんも桃太郎君がいなくなるのがイヤみたいです。
でもお金で関係をつなぎとめようというのもどうかと思うけど(笑)
些細なことでもヘルプしたいのはよくわかります。

私もスコットランド在住のガイドさんたちに、安全で住みやすい地域の郵便番号を聞いたりしてますし(笑)


とりあえずは7月中にまた大学の卒業式典で会えるけれど、その後はわからない。
ティムちゃんは秋ごろにエディンバラに会いに行こうかって考えているみたいだけど、まだ決めていません。

お互い「子離れ」大変だなぁ。




  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年7月1日金曜日

パンプローナ、泊まるならこのホテル!

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

今回パンプローナでお泊りしたのは町の中心にあるホテル。
中央広場(Plaza del Castillo)に面している。
Gran Hotel La Perla(リンクします)

これは私たちのお部屋から見た広場。

右下の覆いがかかっているところが有名なカフェイルーナ。
ヘミングウェイをはじめ、著名人がたくさん泊まったホテルです。

 45部屋くらいしかないこじんまりしたホテルで、スパなどの施設は無し。
でも24時間ルームサービスがあるのがうれしかった。

夜中にお腹が空いたときにごはんが運ばれてくるのはなかなかうれしい。
メニューは限られてるけど、私にとっての必須、スープとサラダはちゃんとありました。


さてお部屋です。
私たちが泊まったのはHISTORIC SUPERIORというカテゴリー。
 角部屋で廊下にもずっと窓があるのがすごくうれしかった。
 この廊下の部分、無駄に思えるかもしれないけれど、このおかげで居住空間が却って充実しました。
普通のホテルのお部屋って、ドアを開けたら奥まで全部見える場合が多いけれど、このお部屋は廊下があって、それを曲がったらまだ廊下が続いて、それからお部屋。

お部屋番号の最後が8で終わるのは同じタイプみたいです。
窓の数は全部で6つ。
うち3つは寝室にあります。

バスルームはダブル洗面台を中心にお手洗いとビデの場所、それからお風呂とシャワーのお部屋に分かれます。
 浴槽は十分な深さがあるので、ゆったりできます。

実は私たちこのホテルを2週間、少し郊外の(といっても徒歩で15分強)スパ完備のホテルを1週間の予定でした。

でもこのホテルが気に入って、もう一つはキャンセルしました。
町の活気がすごく素敵で、それをいつも眺めることのできる特等席は離れる気がしなかったからです。

窓は2重サッシなんだけど、完全防音ではありません。
だから静かな滞在を期待している人にはお勧めできません。

なぜって、この広場ではいつも何らかの音楽が奏でられているから。
video

スタッフもフレンドリーで親身になってお世話してくれます。
こじんまりして、居心地がいい。
パンプローナに行くなら、ここは一押し。

  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2016年6月30日木曜日

パンプローナのお勧めレストラン 第1位

今日のロンドン情報ブログリストはこちら(リンクします)

お待たせしました!
(誰も待ってないかもしれないけど)

パンプローナのお勧めレストラン、第1位の発表です!

ステキなダイニングルームでしょう?

入口はずいぶん小さくて、見逃してしまうかも。
ヨーロッパ(リンクします)というレストラン。

お楽しみは最後にとっておくタイプの私。
なので、このレストランもパンプローナ滞在の終わり近くに訪れました。

もっと早くに行って、何回も行けばよかった。
そんな風にティムちゃんにこぼしたら、
そうしたら特別感がなくなっちゃうって言われて妙に納得。

ここではメニューとペアリングされたワイン付きのセットを取りました。

ここのお料理は全て軽い仕上がり。
スペインではおなじみの、イベリコ豚のハムが入ったコロッケ。
これも今まで食べたどのコロッケとも違って、いくつでも食べられる軽さ。

マンゴジェリーの乗ったフォアグラのムース。

こちらはイチゴのチャツネを挟んたフォアグラ。

イカスミのリゾットの貝柱添え。

子豚のローストときのことキャベツのラビオリ。

わ~い、子豚だ~。
今回はここでしか食べなかった。
でもスペインでは定番。

デザートはアップルタータン。

食後のコーヒーとお茶請け。

とっても美味しかったので、記念にシェフにサインしてもらいました。

残念だったのはワインのペアリング。
お世辞にもマッチしているとは言えなかった。

特にフォアグラのコースはもっとフルーティーな方がいいな。

今度パンプローナに来ることがあったら、アラカルトで注文して自分でワインを選ぼうと思います。

さてお勘定は食前酒にとったシェリーも入れて€127.60。
すごくお得な値段設定だと思います。


おまけ。
食後お手洗いに行ったら歯ブラシがあったので歯を磨きました。

 おまけその2。
ティムちゃんが、ご飯を食べる時のみきちゃんが一番幸せそう、だって。

またいつか行きたいなぁ。



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。