2017年12月9日土曜日

ロストバゲージのその後

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

9月にジェノヴァに遊びに行った時に、ロストバゲージになってしまった、その続きです。

今頃?って思われるかもしれないのですが、自分用の記録にブログに記しておきます。

まず、始めに、保険の処理は保険会社や航空会社によっても大きく異なると思うので、いつもこうだとは思わない方がいいと思います。
でもだいたいの流れは同じようなものなので、気を付けた方がいいことを参考にしていただければと思います。

まず、事実から。

ロンドンガトウィックからジェノヴァまでの直行便。
利用したのは英国航空のスケジュール便です。
2個預けたスーツケースの内、ひとつが出てきませんでした。
ケースを預けたのは対人のカウンターではなくて、オートマティックシステム。
ティムちゃんの搭乗券を使って2個預けたことになります。

ジェノヴァのターンテーブルで荷物が出てこなかったので、ターンテーブルの横にある
Lost and damaged baggage のカウンターにレポートしました。
この時に受け取る書類には登録番号が書かれていて、後々必要になるので無くさないように。

通常、ロストバゲージの補償は加入している旅行保険か、利用した航空会社への請求という形になります。
請求は二通りあって、ひとつは荷物が出てくるまでに必要になったものの実費、もう一つは無くなったか壊れてしまったものの補償。

今回私が体験したのは、結局は旅行中に見つかって、届けられた荷物がなかった期間に購入したものの費用請求です。

まず、空港での手続きの後、ホテルにチェックインしてから、すぐに保険会社に電話しました。
ロストバゲージがあったことと併せて、何がいくらまで保障されるのかの確認です。

私が入っていたのは、銀行口座に付帯の旅行保険。
以前はプラチナムアカウントといって、月19ポンド支払っていましたが、節約のために月12ポンドのシルバーアカウントに変更。

このアカウントにヨーロッパ内の旅行保険がついてきます。

大きな誤算が、実はこの旅行保険。
プラチナムアカウントについていたのは年間旅行保険だったのですが、口座の持ち主と住所が同じ家族も無料で加入という特典がありました。
シルバーに代えて、旅行のエリアがヨーロッパ内のみに縮小されただけではなくて、何と口座名義人のみのカバーになっていました。
なので、ティムちゃんはカバーされていません。

荷物を預けたのがティムちゃん名義だったし、期間中ティムちゃんのものも買ったので、これにはかなり焦りました。

保険会社のポリシーによって、「何時間の遅れまでならいくら支払います」といった目安があるので、電話した時に再確認するといいです。
気をつけないといけないのは、スーツケースが見つからなかった場合のことも考えに入れるべきってこと。
無くなってしまったものの補償って、かなりの金額になる場合があるので、無駄なお金は使わない方が賢明です。

私たちの荷物は到着日から数えて5日目にホテルに届きました。
その間購入したものは、洗面道具、お化粧品、下着、携帯電話とラップトップの充電器、それからお出かけに使える靴も買いました。
領収書はメモに何がいくらだったか書き添えて一緒に保存しておくと請求の際に便利です。
特に化粧品や洗面道具って細かいものが多いので、領収書だけだと何がいくらだったか忘れているケースも考えられます。
私の場合は、買い物したらホテルの便箋に小物を並べて金額を書いたものを写真に撮っておきました。

英国航空の請求はすべてオンライン。
すごく簡単でした。
今回はティムちゃんのものは英国航空に請求、私のものは保険会社に請求と分けて手続きしました。

保険会社からは、必要なものだけを買うように言われていたので、夜のお出かけ用の靴は正直通るかどうかわかりませんでしたが、問題なく支払われました。
もう一つのスーツケースには、カジュアルな昼の靴しかなかったので、夜お出かけするのに困ったので、必要といえば必要だったんですけどね。
お値段がそれほど高くないものだったからかもしれませんが。
セールで半額だったのが幸いしたかも!

領収書のいくつかは明細がなく、合計額でしたが、これも大丈夫だったので、意外に甘いんだなっていうのが感想です。

最近の保険請求は写真をアップロードするタイプのものが多いようなので、領収書などを写真に撮っておいたので便利でした。

私はカメラを別に持たずに、すべての写真は携帯で撮っています。
そして、写真は自動でクラウドに保存するシステムを利用しています。
なので、万が一携帯をなくしたり壊したりしても、写真には無事にアクセスできます。
先週壊してしまった携帯電話の時も思ったんですが、いつ何が起こるかわからないので、無くす前に無くならないようにするのが肝心。

これも予防の一つですが、荷物を詰める時に、偏った詰め方をせずに、満遍なく物を分けて入れるといいというアイディアも使えそう。

今回はティムちゃんと私のラップトップ、両方のチャージャーを無くしたのですが、ティムちゃんの富士通のは代用品を電気屋さんで買うことができました。
私が使っているマイクロソフトのサーフェイスは代用品がなくて、マイクロソフトからしか購入できなかったので、私のは今度から手荷物に入れようって思いました。
代替品が簡単に手に入るかどうかを、荷物を詰める時に考慮するのは必要なことだと思いました。

今回の請求、英国航空に請求したのはティムちゃんの下着類と洗面用具、ラップトップのチャージャーで、100ユーロ弱戻ってきました。
私の保険会社へは、洗面用具、お化粧品、携帯のチャージャー、靴の代金を請求して、300ユーロちょっと戻ってきました。却下されたものは一つもなかったので、よかったです。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年12月5日火曜日

イギリス人が大切に考えていることって何?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

昨日はティムちゃんとディナーデートしてきました。
隣町のイタリアンレストランです。
オープン40周年ということで、なんと当時のメニューを提供するって企画。

40年前の価格ですよ!
(残念ながら、40年前の価格はお料理だけで、飲み物は今年の価格です)
11月7日から月末まで、月曜日から木曜日のみってことだったんですが、好評なので12月7日まで延長したそうです。
実際、私たちも予約がなかなかとれずに、やっと昨日の来店となりました。

メニューを開いて当時の価格にビックリ‼

 ミネストローネ、65ペンス‼
 サーロインステーキが3.95ポンド。


よくこんな値段でお商売できるね~なんて話していたんですが、その時にティムちゃんが言ったこと。
すごくイギリス人らしい考えの一つなので紹介したくなりました。
「Everyone has to play the game」
直訳すると「みんなゲームをしないといけない」なんですが、意味は「フェアプレイ精神が大事」ってことです。
この会話の中では、「レストランが原価ギリギリくらいで特別サービスしてるんだから、客の方も飲み物とかで儲けが出るように注文するのが暗黙の了解ってもの」って感じの内容でした。

ティムちゃんは、通っていたプレップのモットーが「play the game」だったそうで、よくこの言葉を口にします。
イギリス人が使う「ゲーム」という言葉には、日本語にはない深い意味が含まれている気がします。
ゲームに必要なのはルール。
みんなが同じラインに立って行わないと、フェアなプレイになりません。
なので、負けることは厭わなくても、ズルしたりすることにはすごく敏感だったりします。


他の人が何をしているのか、干渉することはイギリスではあまりいいことではありません。
そういった人は Nosy って言われます。
でも他人のことがすごく気になるのが本音。
干渉は良くないけれど、観察するのは大丈夫らしい(笑)
なので、気にしないふりをしながら周りをじっくり観察します。
 ティムちゃん、レストランを見渡して、他のテーブルがワインを注文しているかどうか確認していました。
「よかった、みんなワインを注文している」
注文していない人がいてもどうしようもないのに、くだらないと思いましたがこんな些細なことで喜んだり怒ったりできるって、イギリス人は面白いなぁ。

このレストラン、サービスはイギリスのスタンダードから見ても遅かったです。
でも、古き良き時代のイタリアンで楽しめました。

90ペンスの小魚のフライ。
 イワシは85ペンス。
ラムのキノコソースは3.10ポンド。
ティムちゃんがメインに食べた子牛のレモンソースは写真に撮ったはずなんだけど撮れていなかったみたい。

 ろうそくと一輪挿しはお約束の小道具。

 フェアプレイ精神でワインは2本。
ご機嫌な私(笑)

 ティムちゃんも楽しかったみたい。
 食後酒まで注文して、今日はちょっと二日酔いでした。
 こちらがお会計。
3コースで11.55ポンド。

チップ入れて80ポンド支払いました。
ごちそうさま。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年12月3日日曜日

ケータイが死んでしまった!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

夜、眠るときに携帯電話を充電する私。
なので、寝る前にバスルームに行くときに、寝室のドアのところからベッドの上を目指して携帯電話を放り投げることがたまにあります。

先週もそんなカンジで放り投げた携帯電話。
ところが、柔らかいベッドの上に着地する代わりに、ベッドサイドテーブルに着地。
当たり所が悪かったらしく、壊れてしまいました。
スクリーンは、上半分が白、下半分がピンク、真ん中が帯のようにグレーの無地で、どこを触っても押しても画面が変化しません。
オン・オフボタンも機能しないし、これは専門家に診てもらわないといけないみたい。

この携帯電話は今年の6月に買ったものです。
その時のお話はこちら(リンクします)

この時の古い携帯電話はスペアとして保存してあります。

どうしようかな?

新しいのを買ってもいいし、保険に掛けてあるので、新しい(といってもリファブリッシュモデル)を受け取ることもできるし。
私はずっとソニーを愛用していて、購入した携帯電話はすぐ登録するようにしています。
以前、別のモデルを何回か修理に出したこともありますが、スムーズだし、修理代も保証期間中は無料なので重宝しました。

折角スペアがあるので、SIMカードを移して、壊れた携帯電話は修理に出すことにしました。

ところが~!!
ソニーのサイトにログインしたら、この電話、登録し忘れ。
修理は登録しないとできないし、
登録には個体番号(IMEI Number )がないとできません。
そして個体番号(IMEI Number )は携帯が壊れているので取り出せない!!

IMEI Number というのは International Mobile Equipment Identity の略です。
普通は *#06#をダイヤルするか、設定モードから調べることができます。

保険で処理するにも、 この番号が必要だった気がする…。
ソニーから買っていれば記録があるかもしれないけれど、この時は品切れだったのでアマゾンで購入しました。
とりあえず、ソニーにコンタクトを取って、修理の可能性を聞いてみました。
そうしたら、SIM カードを入れるところにラベルがついていて、そこにIMEI Number が入っていることを教えてもらいました。
壊れている携帯からでもIMEI Number が取り出せるって知らなかった!
ところがこのラベルを取り出すのがすごく難しい。
爪で引っ掛けて取り出せるらしいけど、針を使ってやっと出てきました。
でも、そこまでしたのに、文字は小さくてとても読めない。
ティムちゃんの携帯を借りて、写真を撮って拡大しました。
 この写真がまた難しい。
近撮なので、ピントが合わないんです。
やっと映ったものを拡大したら、ソニーの住所だったし(爆)
IMEI Number は反対側でした!!

早速ソニーのサイトから手続きをして、無事に修理に送り出すことができました。
どれくらいで戻ってくるのかはまだ不明だけど、多分1~2週間?
しばらくは古い携帯電話で我慢です。
最近は携帯の中に入っているものはクラウド化してあるので、なくしても不便はないです。
一昔前の、携帯なくしたらお先真っ暗という、ファイロファックスのようなアナログ時代でないことを喜ぶべき。
だけど、アプリをインストールしなおすのが結構な手間。
プッシュ通知とか、いちいちとるのも面倒です。

ティムちゃんからは、自業自得と言われてしまいました。







  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年12月1日金曜日

クリスマスの準備

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

12月になりました!

一気にクリスマスモードなのが、イギリスのスーパーマーケット。

毎年、クリスマス商戦が早すぎると苦情を受けるみたいですが、12月に入ると大手を振ってクリスマす関連の商品を並べることができます。

リッチモンドの Waitrose でも、デリカウンターで生ハムが売られていました。

生ハムなんて、年中売られていますよって言われそう。
確かにそうなんだけど、普段は何グラム下さいって計り売り。

クリスマスはちょっと違う。
丸ごと一本、スタンド付きでどうぞって。
 70ポンドだから、薄切りを買うよりはかなりお買い得。
スペインやイタリアでも丸ごとって売ってるけど、重いのと食べ切れそうにもないと思うのとで、買ったことはありません。

この時期うれしいのは、冷蔵庫に入れなくてもいいことかな?
家庭用の冷蔵庫は、この時期どのおうちもパンパンだろうし!

さて、今日はプレゼントの包装紙を買いに、スーパーマーケットまでやってきました。

 イギリスでは、この時期文房具店やスーパーマーケットで、クリスマス用の包装紙を扱っています。

私がいつも買っているのは、Waitrose のもの。
なぜかと言えば、包装紙の裏面に、縦横の罫線が引かれているので、はさみを入れるのにとても便利だからです。
右手の罫線、見えますか?
この線に沿って切れば、まっすぐに切ることができて、仕上がりがきれいです。

包装紙のお値段は、柄によっていろいろ。
Waitrose では3~4mのものが2~4ポンドくらいです。
 この時期、3本買うと一番安いのが無料になります。
英語では「3for2」といいます。
この間、ティムちゃんから、そういった買い方は良くないって言われたけど、腐るものじゃないし、毎年包装紙はほぼ全部使いきっているので、目安になる量もわかっています。
わが家では、併せて、「Gift Tags」もたくさん必要です。
Gift Tags というのは、ひとつひとつのプレゼントにつける、あて名用のタグ。
大手のスミス書店では6枚入りで2.99ポンド。
ちょっと高いと思って、テスコという安いスーパーマーケットに行ったら、6枚入りが70ペンスでした。
しかも、3for2だったし!!

こういったものは、ネットで買うともっと安く手に入ります。
でも安いものは、ひもはついているけど自分で通さないといけなかったり、シールのものは付きが悪かったりしますからご注意。

私は何年も前、クリスマス後のセールでかわいいタグを大量に買ったものの、どこに仕舞ったかすっかり忘れてしまいました。
毎年この時期に置いていそうな場所をあちこち探してみるのですが、いまだに発見できていません(笑)





  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年11月23日木曜日

節約しろって言われた…

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

昨日はティムちゃんと FA (投資顧問) に会いに行きました。

1年に1~2回、お金に関するアドバイスを受けに行くのですが、前回はお金の管理というか、何にどれだけ使っているかを把握して、どれだけ投資に回せるかといった内容でした。

ビルを出て、パブで飲みながら、二人で「家計簿つけようね~」なんて話していたんですが、もちろん実行しませんでした。
レシートを集めて、携帯で写真に撮ろうと思ってはいたのですが、1枚も撮った記録がない!

今回のアポイントメントには、から手で行くのも何なので、ティムちゃんの現在の現金用口座の残高と、4か月ほど前の残高を書いて持っていきました。

結論から言うと、アドバイザーがざっと計算してくれて、私たちが思っているよりも多めのお金を使っていたことが確認されて、やっぱり何にどれだけ使っているのか把握しないと対策の取りようがないということでまとまりました。

イギリスでは、夫婦は共同口座を持つことも多いのですが、うちは別々。
必要なお金やホリデーの費用などは、全てティムちゃんが支払っています。
日々のお買い物は、ティムちゃんからは毎月私の口座に一定額の振り込みがあります。
でも予算といった厳格なものではなくて、欲しいものを好きに買っているし、ティムちゃんがお買い物することも多いです。

ティムちゃんはどうやら私のお金の使い方に不満があるようです。
残り物でごはんとか作ることもあるって言ったのですが、残り物が少ないのは、ティムちゃんがこまめに冷蔵庫から要らないものを捨てているからだって言われました。

今日は二人でスーパーマーケットに行って、ティムちゃんがお買い物の見本を見せてくれることになりました。

パックのものは買わずに、必要なものを選んで、小さく買うのがいいらしいです。
3つ買ったら2つ分の値段とか、無駄の元って言われました。

これは、スーパーの卵売り場。
 パックの卵と選べる卵が並んでいます。
私は迷わずパックで買っていましたが、ティムちゃんはひとつひとつ選んで詰めていました。
ひとつ39ペンスだから、パックよりも安いらしい。

お肉のカウンターでも、「今日は何がお得ですか?」って聞けって!!
実際、カウンターで聞くのにはびっくり。
いつもそうしてるんですって!
それで安くなってる骨付きリブを買いました。
お料理もティムちゃんが担当。

 そんなペンスの単位で節約しても、レストランで散財してるくせに。
というのは言いませんでしたけどね。
こんな旦那って喜んでいいのかな。
なんだか奥さん失格って言われたみたいで、ちょっとやだな~。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年11月20日月曜日

ロンドンで一番おいしいお鮨はここ!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

久しぶりにおいしいお鮨を食べてきました。

和食のお店はロンドンにたくさんあるけれど、何かに特化したお店で堪能するっていうのもいいですね!

もちろん何人かで行く時に、何でもあるところって場合も多いです。
そんな時なら、ロンドンでは菊か出船かな。

今回はティムちゃんじゃなくて、お友達のロンパラさんと、ランチ。
和食がいいってことで、気心も知れてるし、お鮨食べたいって言ってみました。

ここに決めたのは、グルメのお友達からいつも写真を見せられていて、いつか行ってみたいと思っていたから。

「板前のまささんがいる時に予約するといいよ」ってことだったので、電話で確認して予約しました。

こちらがそのまささん。
板さんって気難しい人も多いんだけど、まささんはとっても親しみやすくて寛げました。

どんな風に注文できますかって聞いてみた。
というのは、ロンドンでは、お店によってカウンターで直接注文できないお店も多いから。
ウエイティングスタッフに注文してもいいし、カウンターでまささんに注文してもどちらでもいいそうです。
やった~!
久しぶりに堪能できそう。

何がおいしいですかって質問にも、「なんでもおいしい」なんて無粋な答えじゃなくて、丁寧な答えが返ってきました。

おすすめ聞いても、とりあえず好きなものから注文する私。

まずはしめ鯖ですね。

そのままと、炙るのとどっちがいいか聞いてくれたので、おうちではできない炙りをお願いしました。

薬味たっぷりでポン酢でいただきましたよ~。
 ロンパラさんはチラシが好きなんだって。
 ランチタイムはお味噌汁とサラダが付きます。
たくさんのお刺身が入った豪華版。

私ちらし寿司嫌いじゃないけど、上手な食べ方が今ひとつわからない。
なのでほとんど注文した記憶がないです。
ロンパラさんがすごく美味しいって言ってたから、今度は注文してみようかな?

折角なので、今日のお勧めというマグロをお刺身でいただきました。
4種盛り。
赤身、中トロ、大トロ…
 そしてこちらはカマの部分。
 ロンドンでも手に入るんですよ!
さっと炙ってありました。

これが絶品!
少し香ばしくって、そしてとろ~んってとろけるの!!
日本で食べた和牛を思い出しました。
この感動を独り占めしたくなかったので、ロンパラさんにも無理やり食べてもらいました。

美味しいものって、みんなで食べると、2倍じゃなくて2乗においしくなりますよね!

その後はお任せで1貫ずつ美味しいお鮨をいただきました。

 本当はもっとたくさん写真を撮りたかったんだけど、お口に入る方が優先。

それでもいくつかは写真に収めました。
 これが初の味だった、イカのウニ乗せ。
 イカがおいしいのに加えて、ウニの風味が加わって、すごく面白い組み合わせ。

アワビまである!!

在英の皆さん、ここ、本当におすすめです。
美味しいネタが揃っているのに、ウエストエンドじゃないからお手軽価格で楽しめます。
ウィルスデングリーンの駅を出たら右手に100mくらい。
デリバルーも扱っているそうですが、やっぱりまささんの顔を見ながらカウンターで注文するのがいいと思います。

私たちは平日のお昼に行きました。
お会計、鬼ごろしの熱燗2本とお任せ寿司で100ポンド切ってました。
お鮨なので、何を注文するかでお会計は大きく変わると思いますが、このクオリティーは他のちょっと安めの和食2回行くのをやめて、こっち1回の方が断然楽しめると思います。

まささんの対応が本当に寛げるお店なので、一人でも安心。
もちろん、お友達や家族と行くのもおすすめ!

あ~次はいつ行けるかな~?
今から楽しみ!!

鮨正Facebook(リンクします)




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年11月17日金曜日

何でも持ってる人に、何買えばいいかな?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

 クリスマスの準備、進んでいますか?

ロンドンは、目抜き通りのイルミネーションがとてもきれいな季節になりました。

まだクリスマスまでは1か月以上あるけれど、私はそろそろプレゼント選びを始めています。

よく物価が高いと言われるイギリス。
安いものがないわけではないけれど、いいものを長く大切に使う文化があります。
「安物買いの銭失い」って言いますよね。
本当にいいものは、何世代にもわたって使うことができるので、長い目で見ると、実はお得なんです。

さて、今日はそんな素敵なものを探している人におすすめなお店を紹介したいと思います。

William & Son というお店(リンクします)

1999年に名店 Asprey を売却した、Asprey Family の第7世代メンバーであるWilliam Aspreyによって設立されたお店。
ジュエリー、時計、革製品、銀製品、家具を除くインテリア製品で有名です。

英国の職人さん達が作り上げる特注ものもあって、専門家のアドバイスを受けることもできます。

すごく敷居が高く聞こえますが、宝飾品は数百ポンドくらいから。
 ヴィンテージものも、とても素敵。
 時計はドレスウォッチから実用的なものまで幅広く揃っています。
シャルルウーダンも置いています。
 こちらはシャルルウーダンの置時計。
 ジラールペルゴの伝統的なスタイルも長く使えるデザインです。

 ハンドバッグは上質な革製で、留め金が派手すぎない。
知っている人だけが分かるっていうのがキーです。
ハンドバッグは1500ポンドくらい。

何でも持っている人用の、遊び心がある小物がたくさん。
例えば革製の縄跳び。
 350ポンドでした。
 パスポートカバーも色とりどり。
 これはティムちゃんが喜びそう!
 中の差し色がとてもきれい。
440ポンドと、手の出しやすいお値段です。
 奥の方には剥製の動物がずらり。
 ウイリアムさんが獲ってきた獲物を剥製にしたそうです。
お店の一部は古い建物を思い起こさせる梁が残っていたりして、ステキ!
 このお店は猟銃やカントリー着でも有名なんです。

素材の一部にシベリアで見つかったマンモスの奥歯が使われているものもあって、これはその証明書。
 こちらがそれを使ったナイフです。
 テーマに沿ったプレゼントだと、007とか?
 そのシリーズのライターです。
 ゲーム類を詰めた革製のバッグもこの季節に人気だそうです。
 ドミノもこんな皮のケース入りだとお洒落。
 他にもいろいろあって、見ているだけでも楽しくなるお店です。

ボンドストリートのミュウミュウから少し入ったところ。
ぜひ覗いてみてください。


  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。