2017年6月21日水曜日

いらない携帯をお金にしようと思ったけど、世の中そんなに甘くない

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


皆さん、携帯って何使ってますか?

イギリス、普通に手に入る携帯だと、日本の会社はソニーだけです。
どうせ日本で作ってるわけじゃないだろうけど、折角だから日本の会社を応援したい。

っていうか、ソニーのデザインが好き。

ソニーの前は、ソニーエリカソン(懐かし~い)


いつも新しい携帯を買うと、古いものはスペアとして保存。
だって何かあった時に必要になるかもしれないから。

去年ティムちゃんの携帯が壊れた時に、そんな私の古い携帯が活躍しました。

最近の携帯電話、高いです。
安いものでも150ポンドくらいから。
一番新しいエクスペリアなんて650ポンドもします。

イギリスでは、携帯電話会社と契約をして、新しい携帯を手に入れるのも一般的。
普通は24か月契約で最新の電話を手に入れることができます。

私は契約に縛られるのも嫌だし、どうせ2年以内に新しいモデルにチェンジしたいから、SIM の制限のない電話を買っています。

今使っているのは、エクスペリアのZ3。
もう1年以上使ってる。
どこも悪くはないけれど、そろそろ新しいのが欲しい。

買い替えるにあたって、候補なのは3つ。

エクスペリアXA1ウルトラの6インチ画面。
大きいから使いやすそうだけど、防水機能なし。

エクスペリアXZs は5.2インチだけど、カメラがすごく良くて防水機能も大丈夫。
残念ながらヨーロッパには出回らないので外国から買わなきゃいけない。
でもこの機種のアイスブルー、とってもきれい。

もしくは一番新しいエクスペリアXZプレミアム?
今のとほぼ同じサイズ。
機能面はばっちり。

かなり悩んだ末、大きな画面が魅力のXA1ウルトラにしました。
電話として使うよりも、ネットやアプリの操作で使う方が多い私の携帯。
なので、大きな画面が一番の魅力です。

現在使っている機種をスペアにするので、思い切ってこれまで保存していた携帯をみんなリサイクルに出すことにしました。

何とソニーでは古い携帯を20ポンドで引き取ってくれるらしい。
どんなに古くても、壊れていても関係ないみたい。

現金を受け取れるわけじゃないけど、買い物に使えるバウチャーを受け取る仕組みです。

早速手続きして4つの古い携帯をフリーポストで送りました。
そのうちの二つは、何とソニーエリカソン!
これで80ポンドのバウチャーが送られてきたら、携帯を買う足しにしようと思っていました。

ところがほしい携帯はソニーのサイトで売り切れの表示。
いつ頃再入荷か電話で問い合わせたら、未定という答えでした。

おまけにフリーポストで送った携帯は、行方不明でバウチャーもなし。

ま、バウチャーがあっても欲しいものが無いからいいんだけど…。

しかも待ちぼうけ中に携帯を落として、裏面のガラスが割ってしまいました。

で、結局アマゾンでお買い上げ。
左が今まで使っていたもの。
右が新しいもの。
ずいぶんサイズが違うでしょう?
新しいのは188gもあって結構重い。
だけど、大きな画面で使い勝手がいいから満足。






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月19日月曜日

シャーロックのプロデューサーに会えるかも…って期待してるんだけど

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)




エディンバラに住んでいる桃太郎君が、リッチモンドに戻ってきています。


でも短い。
金曜日の夜に来て、今日、月曜の夜には戻ってしまいます。
ちょっぴりだけどダンランできてよかった!

朝ごはん作ってあげたり、

一緒にお散歩に行ったり…。


何のために戻ってきたのかというと、通っていた学校からのご招待。
在校生のために現在の仕事についてプレゼンテーションしてほしいという依頼。


桃太郎君の学校生活については、このブログでも度々取り上げました。
ラベルの「イギリスの子供」「桃太郎君」で閲覧できます。

イギリスの子供たちが、日本に比べると早い時期に職業に対する意識を持つことも紹介しました。

イギリスでは会社に自分の部署を決めてもらうのではなく、そのポジションに対して就活するのが一般的です。

改めて、ブログの記事を読み直して、びっくり。

7年前に書いたものです。


これを書いた時には、まさか桃太郎君がそのゲストスピーカーに呼ばれるとは想像もできませんでした。


今回のキャリアコンベンションは、この時とは違うスタイルで、全員で11人のクリエイティブ系業界人が、それぞれにワークショップを持ちます。
学校のシアターで紹介された後、各教室でのワークショップ。
その後またシアターに戻って、全員でのディスカッションや質疑応答。

学生たちは11人のスピーカの中から2人を選んで、そのワークショップに参加。
各ワークショップは15人までらしいので、早い者勝ち。
卒業生だけではなく、在校生の親なんかが出てくるあたりは前回と同じ。

聞いたことある人いるかな~と思ってラインナップを見てビックリ!

タイムス紙の新聞記者、
フリーランスの旅行作家、
ジャーナリスト、
広告クリエーター、
グラフィックデザイナー、
アーティスト、
自然科学番組のプロデューサー、
映画監督

何人かは、なんとなく名前を聞いたことがある。
テレビでたまに見る人もいる。
ま、その程度なら驚かない。

でも、この二人の名前を見た時には驚きました。
Sue Vertue と Steven Moffat OBE !

シャーロックのプロデューサーじゃありませんか!!
どうやら二人の子供が在校生。
理由はどうあれ、桃太郎君がこの二人と一緒の舞台に立つなんて、すごい。

さっき、学校まで送っていった時に、サインもらってきてって言ったら、あっさり断られました。
あ~あ、残念だなぁ(笑)

桃太郎君のことは一流スタジオで働くビデオゲームデザイナー、コンセプトアーティストと紹介されていました。
何人くらいワークショップに来たのか、話を聞くのが楽しみ。

もう少ししたら、また学校にお迎えに行きます。
その時に、シャーロックのプロデューサーに会えるかも…って期待してるんだけど(笑)

その後は、桃太郎君をヒースローまで送っていきます。
秋には私たちがエディンバラまで会いに行く予定。

桃太郎君、このブログを始めた時には一人でお買い物にも行けなかったのに、ずいぶん頼もしくなりました。







  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月16日金曜日

避難用バッグには何を入れればいいのか考えました

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



日本と違って大きな自然災害がほとんどないイギリス。

地震は全くないわけではないけれど、あっても気が付かない程度。
台風もほとんどないし、土砂崩れする山も多くない。
大雨もあまりない。

たまに冠水はあります。
でも、テムズに関していえば、東ロンドンのバリアーから西ロンドンのテディントンまでは冠水しない設計になっている。


今回の公団の火事で、本当に怖いと思ったのが、日本との危機感の違い。

日本では避難バッグを常備している家庭が多いそうです。
どれくらいの家庭が常備しているのかの数字は持っていませんが、防災の日とか、避難訓練とか、危機感が普段の生活にきちんと取り入れられている印象を持っています。

イギリスはそうじゃない。

イギリスでも新しく建てられる高層集合住宅は、公団であろうとプライベートのものであろうと防火装置の設置が義務付けられています。

問題は古いもの。

今回の公団も60年代半ばから70年代初めにかけて造られたもの。
スプリンクラーはなかったと聞いています。

でもそれって条例違反とかではない。
イギリスの条例はインターネットで閲覧可能です。

防火に関する条例は2005年の改訂版が参考になります。
検索するなら以下の文でどうぞ。
The Regulatory Reform (Fire Safety) Order 2005

私も集合住宅に住んでいるので、今回の火事は他人事ではありません。
高層ではないけれど、飛び降りて打ち所が悪ければ骨折で済まない高さです。

スプリンクラーもついてないし、消火器は置いてあるけど使い方は知らない。

早速、管理会社にスプリンクラー設置の見積もりを提案してはどうかというメールを他の住人達に送ってみました。

このフラットにはお年寄りも多いので、いざという時は消火器なんかよりも絶対にスプリンクラーの方が対応できると思います。

たくさんの世帯が入っているし、決定には時間がかかるのが常だから、せめて我が家でできることと思って、避難バッグを置くことにしました。

みんな一体何を持って逃げるんだろう?



日本語で避難バッグって検索したら、堅実なヒントがいっぱい出てきました。

だけど、イギリスに住んでいる私には当てはまらないものも多い。

飲み物や食べ物は多分いらない。
買えば済むし、イギリスで1週間分の食料が必要な事態は思いつかない。
銀行の通帳や実印なんてないし…。
遺言書やなんかは専門の場所に管理してもらっているし…。

あ、イギリスの永住ビザカードとパスポートは重要。
それにクレジットカードと現金が少しあれば、しばらくはなんとかなるかな?
そんな風に考えて少し気が楽になりました。
ちょっと並べてみた。
携帯の充電機も役立ちそう。


いつだったかファイナンシャルアドバイザーから、自宅に耐火金庫がないと言ったら非常に驚かれました。

大事なものは耐火金庫に入れるのが常識って雰囲気で、私たちの方も驚きました。
その時は、金庫に入れなきゃいけないものなんて持ってないって思っていましたが、今回のような火事に遭ったことを考えると、失いたくないものがたくさん思い浮かびます。

手紙やカード、ホリデーの日記や写真。
高価なものではないけれど、かけがえのないもの。


テレビで火事に遭った人たちを見ながら、ほとんどの人たちが英語が母国語でないことに気が付きました。

移民として外国から来た人たちも多いんでしょうね。
物をほとんど持たずにやってきて、生活の基盤をイギリスに移して、そして今回の火事でそのささやかな日常をすべて失った人たちがとてもお気の毒です。
夜中だったし、避難バッグどころか、本当に身一つ。

怪我をされた方は早く良くなりますように。
家族やお友達を亡くされた方は、早く心の傷が癒えますように。






  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月14日水曜日

itsu で売ってる糸こんにゃくサラダ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)


おうちの近所で見かけた看板。
ゼロヌードル?

一体何のことかって思いますよね。
ジャパニーズお弁当のお店「itsu」

ロンドンのあちこちで見かける、テイクアウェイのお店。
SUSHI とかサラダ、ヌードルなんかを扱っています。
ちょっと調べたら、ロンドンに61店舗。

最近、そこでカロリーゼロのヌードルを材料にしたサラダが評判。
何のことはない、糸こんにゃくです。

チキンサラダと糸こんにゃくが £5.49。


ポーチサーモンとえんどう豆に糸こんにゃくで£5.99。


みそ味豆腐とブロッコリー、紅ショウガに糸こんにゃくで£4.99。

どれにしようか散々迷った挙句、いつものにしました。
どれもあんまりおいしそうじゃないので、仕方ない(笑)

私が itsu でいつも買うのは…
 omega 3 salmon supreme  £6.29。

サーモンの握りが5貫、アボカドとサーモンの巻きが4つ、そしてシード入りサラダ。
サラダドレッシングは甘酸っぱいタイプで好き嫌いがあるかも。
でも慣れると美味しい。
握りは大きすぎるので、ご飯の部分を半分にして食べています。
日本のお鮨とは思わずに、おスシモドキって納得して食べるならそんなに悪くないし、何より安い。
私はワサビ(こちらもイギリスのチェーン)よりもこっちの方が好きです。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月12日月曜日

おうち飲みにピッタリな、チーズのクリスプを作ってみよう!

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

チーズは大好きだけど、脂肪分が気になるって人多いのでは?

今日紹介するレシピは、その脂肪を少しだけ取り去ることができるんです。
あくまでもちょっとだけ(笑)
塩分高いので、食べすぎ注意。


作り方はとっても簡単。
ティムちゃんが大好きなおつまみで、ワインにもピッタリです。

材料はパルメザンチーズ。

それだけ。

フライパンを弱火でオンにします。

そこへ薄切りにしたパルメザンチーズを並べます。
油とか、一切ひかなくていいです。
チーズからいっぱい出てくるし。


これは厚みが3㎜くらい。

薄い方がいいかと思って、もっと薄くしたり、おろしチーズにしたりと試してみたけれど、薄すぎると焦げやすくて苦みが出るので、これくらいあった方がいいです。
5㎜以上だと、かりっとしにくい。

2~3分でこんな風になります。

ちょっと拡大してみましょう。
端っこが少し色づいて、沸々しています。

フライ返しでひっくり返します。
返す時は柔らかいので、大きくしない方が簡単。

 キッチンペーパーにとって冷めたら出来上がり。


お皿に入れて、そのまま食べてもおいしいし、サラダのトッピングにもいいです。

焼いている時は硬くない。
なので硬くなるまでって思っていたら、濃い色になっちゃう。
すると、苦くておいしくない。
なので、返すタイミングが決め手。

1枚焼いてみて、好みを確認してから本番にするといいです。

チェダーだと水分が多いのか、うまくできませんでした。
調味料も添加物も何もなし。
安物のパルメザンで十分です。








  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月10日土曜日

総選挙の結果

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



イギリス、総選挙の結果はやはり予想通りの宙づり国会。

2010年の総選挙の時もそうでした。
なにそれ?って方は以前書いた記事をご覧ください。

今回は、保守党の議席が318.
過半数の326議席に8席足りないだけです。

選挙の開票は、夜10時に投票が終わり次第始まります。
毎回いくつかの選挙区でそのスピードを争うような場面もあって、見ていても面白い。

今回は、ロンドンのケンジントンチェルシー区が最後。
開票途中で「みんな疲れたからもう帰ります」って。

日本だったら、ありえないってことが平気で起こるのがこの国(笑)
イブニングスタンダードからの写真です。

ここはいつも保守党が議席を持ちます。
ただ今回は労働党と保守党の接戦だったそうで、2回までは数えたそうです。
でも、3回目をまた数えなおすところでギブアップ。
3回目のカウントは翌日に持ち越されました。

結果は
労働党の Ms Dent Coat 16,333、
保守党の Ms Borthwick’s 16,313。

その差、たったの20票です!
しかも労働党の勝利。

このケンジントンチェルシー区、どんなところでしょう。
ロンドンの高級住宅地。
去年の数字を見ると、
集合住宅の平均購買価格が £1,368,068。
テラスハウスが £4,271,461。
2戸建て住宅(の片方) £6,535,071。
住宅のタイプを考えなければ平均約200万ポンドです。

この国の平均給与(年額)が £27,600(去年)であることを考えると、どれくらい桁外れな場所なのか想像できると思います。
区の人口15.6万人の 54.7%のが外国生まれ(2015年)


2014年の選挙では、保守党に74%、労働党に24%投票されました。

どうして今回は保守党の勝利にならなかったのか?
たくさんの理由が考えられます。

この区にはインペリアルカレッジの寮があります。
労働党が、現在年間9000ポンドの大学の学生負担額の撤廃を謳ったことが、学生たちに与えた影響は計り知れません。

お金持ちばかりが住む区というイメージはありますが、実は公団に住む人たちも29%含まれています。
投票率、2014年は約30%でした。
今年のものは何%だったんでしょうね。
その中に含まれる若い人たちの割合が気になります。

民主統一党という、北アイルランドの助けを借りて、これからの政治が行われるイギリス。

ユーロ離脱がどうなるのか本当に心配。

でも労働党が政権を握らなかっただけでも、喜ばないといけないかも。











  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月8日木曜日

ティムちゃん、ご機嫌、超ナナメ、今後の生活どうなっちゃうんだろう???

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



今日は6月8日。
イギリス総選挙の投票日です。


今日のイギリスの新聞。
メジャーな賭け屋さんのひとつが
「保守党が最多数を取る」という結果に20倍の倍率が付いていました。

イギリスのこんなところが大好き。
いいなぁ、健全だなぁ。

朝7時から、夜10時までが投票時間です。

今現在、10時35分。


予想はおもわしくありません。

う~ん…

労働党が勝つことがあれば、経済はかなり落ち込むと思います。
ポンドの価値も下がって、ホリデーも高価なものになるだろうなぁ。

そして、大企業が法人税の安いところに引っ越して、失業率が高くなると思います。

明日はお仕事なので、遅くまで起きていられない。

なので、明日の朝、結果を見ることになると思います。

なんだか眠りにつくことが難しそう。
もう既にティムちゃんは不機嫌。



ところで、開票発表。
イギリスでは開票結果の速さを競う地域がいくつかあります。

ニューカッスルとかサンダーランド。

投票箱を走って届けるところとか、必ずテレビで流れます。





  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月5日月曜日

みんな、テロは怖いに決まってる! だけど、負けたくない…じゃあどうする?

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



土曜日のテロ、本当に愕然。

場所は、ほんの数か月前に、私のお誕生日ということで家族でランチした場所です。

ニュースで報道された、犯人たちが警官に射殺された場所は、家族で食前酒のために立ち寄ったパブの前。
公共の場所と、パブの敷地を分けるためのパーティションを見た時にびっくりしました。
ご飯を食べたレストランは、ロンドンでも人気のレストランなのに、今日の時点では、まだ立ち入り禁止区域に指定されています。

これは12月の写真。
パブの内側から、何気なく撮った写真。

一昨日の夜、この前で3人の犯人が射殺されました。
鮮明な画像は出したくないので、犯人の部分はモザイクをかけました。



この事件が起こった時、私はティムちゃんとおうちで映画を見ていました。

本当だったら映画の後、真直ぐにベッドに行くはず。

それが、
「コーヒー淹れてくるから」
って、キッチンにティムちゃんが行った間、
ソファーに寝そべった私は携帯でFBをチェックしていて、
「ロンドンで何かあったらしいかも」
って、ニュースのチェックをしたのが事件を知ったきっかけ。

映画からニュースチャンネルに切り替えて呆然。


明け方まで事件のニュースを見ていました。


私、今週はほぼ毎日お仕事です。
ロンドンの観光地も含まれています。

今朝は地下鉄で中心地まで行きました。

ティムちゃんが公共の乗り物は危ないって。

「払ってあげるからタクシーで行きなさい」
そう言うんだけど、断りました。

だって、毎日タクシー通勤は持続可能じゃない。
ビクビクしながら生活したくないし。

今日、地下鉄で感じたこと。
Visualant

絶えず警戒するって意味です。


ロンドンの人ってあんまり他人のことを見ません。

でも今日は駅についてドアが開いたらみんな視線はドア。
普通は携帯とか本とか新聞から目を離さない人たち。
なのに、誰が乗ってくるかすごく緊張して見守っていました。

今のロンドンはこんな感じ。
でも、生活パターンは変えない。

強い意志を今日感じました。




土曜日のテロの英雄談が次々と報道されています。
また、パブから避難する人たちがビールのグラスを片手に避難する様子も、好意的に受けとめた報道があって、ロンドンらしいなって思いました。

こういったことがニュースに出るあたり、イギリスは健全だって思います。

最近、日本のメディアが公共性に欠けるといった危惧をあちこちで目にします。

私が目にする日本発信のニュースはかなり限られています。
なので、公平な目で見ることは難しい。

イギリスはテロの標的かもしれないけれど、メディアは自由です。

でも、そのために、メディアの一部がテロ集団の洗脳に役立つような情報の提供も野放しにしています。

自由を謳う人の気持ちはわかるし、有害なメディアの規制を考える人たちの気持ちもわかる。

結論が出ない話題だけど、考えることができる今日があることを感謝しています。

亡くなられた方や、けがをされた方、そのご家族やお友達のことを想っています。

明日はいい日でありますように。




  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月3日土曜日

絶賛ダイエット中、目標は5キロ減 !

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

6月に入りました。

イギリスには梅雨がないので、6月はとてもいい月。
町のあちこちで、バラやラベンダーがきれいです。

気温はその日にもよりますが、最高気温が20度ちょっと。
23度くらいになると、公園で寝そべって日光浴をしている人も。

数年前に
'Are you beach body ready?' 
そんな広告が出回って、イギリスで話題になりました。
ダイエット商品の広告です。
細身のビキニ姿で、
「ビーチ用のボディーを手に入れよう」


この広告が問題になった後、出された別会社の広告。
ぽっちゃり系のモデルを使って、
「私たち、ビーチ用のボディよ~」

理想のボディーって、本当に個人差がある。
自分がハッピーなボディーが理想のボディー。

最初のモデルは私の基準からすれば、やせすぎ。
下の3人は、ちょっと下半身が大きすぎだと思う。
でもその人がハッピーなら、私がどうこう言う筋合いじゃない。


ダイエットを始めたり、ジムの入会はお正月早々が一番多いそうです。
次いで多いのが初夏。

本格的な夏までに、理想のボディーを手に入れようってことらしい。
私は中学生の頃はやせすぎだったから、丸みのあるボディーにあこがれました。

私の理想体重は55キロ弱だと思っています。
イギリスに来たころは50キロちょっとだったかな?

10年位前から57~8キロがずっと続いてたけど、
ここ1年ちょっとは60キロくらいかなぁ。


最近ティムちゃんからは、少しやせたらって言われ続けています。
そうは言わないけど、結婚した時はこんなじゃなかったってことだろうなぁ(笑)

でも最近洋服が似合わなくなってきました。
特にウエスト周りがダボついてる。
ティムちゃんいわく、今のうちに何とかしないと、年を取ってから痩せると皮が縮まないから、パギーの顔みたいな体になるって。
心にグサリと来る…リアルな表現。
それも嫌だなぁ。

でも、今までダイエット経験のない私。
難しいことを続ける自信もありません。
エクセサイズも絶対に続かない。
歩くことと、思い出したらやるストレッチ程度。

そこでどんなダイエットが自分に向いているか、考えてみることにしました。

私が好きな食べ物や飲み物を我慢しない性格なのはよくわかっています。
なので、何も我慢しなくてもいい方法があるはず。

お友達で何人か炭水化物を摂らないダイエットをしている人がいます。

でも問題なのは持続できないこと。
なので、リバウンドがあること。



そこで思いついた、わたし風ダイエット。


ルールその①。

夜ごはんにたくさん炭水化物を摂らない。

それだけです。

それってアトキンスダイエット?
そう思うでしょ?

違います。

私はパスタもご飯も大好きです。
なので、アトキンスダイエットなんて続くわけがありません。

ワインだってたくさん飲むし、アルコールって結局はお砂糖と同じ。
デザートには興味ないけど、食べないわけじゃない。

ご飯やパスタ類が食べたい時には、ランチで好きなだけ食べています。
ワインはランチでもディナーでも今まで通り飲んでいる。

じゃあディナーに何食べてるの?っていうと…

…普通にがっつり食べてます。
ただし、付け合わせのジャガイモやご飯、パスタはなし。
お肉やお魚だけだとつまらないので、野菜炒めを加えたり、ちょっと工夫しています。

3週間ほど前から実行しているんだけど、既に2キロくらい体重が減りました。


夜、パスタ食べたいな~とか、お鮨食べたいな~って思ったら、次の日のランチに食べればいい。
なので、これは続けられそう。


今日のランチも大好物のマカロニグラタン。
カロリー高そう!!

でも気にしない。

今晩は、ラムチョップとサラダの予定。
ティムちゃんはポテト付き、私はポテトなし。

55キロ目指してます。
達成できたら報告しますね!!



私にはピッタリなダイエットだけど、体には個人差があるので、誰にでもどうぞってお薦めするわけじゃありません。
そんなこと書かなくてもいいかと思ったけど、念のため。














  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年6月1日木曜日

自分の一生なんだから、やりたいことをやればいい

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)



「四大元素、火」
一番左の女性の頭の奥、ドアが開いていて、奥のお部屋が見えます。

その部分がこの抜粋。
「マルタとマリアの家にいるキリスト」

これはルカによる福音書、10章 の後半部分です。

一同が旅を続けているうちに、イエスがある村へはいられた。するとマルタという名の女がイエスを家に迎え入れた。 

この女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、御言に聞き入っていた。 

ところが、マルタは接待のことで忙がしくて心をとりみだし、イエスのところにきて言った、「主よ、妹がわたしだけに接待をさせているのを、なんともお思いになりませんか。わたしの手伝いをするように妹におっしゃってください」 

主は答えて言われた、「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。 

しかし、無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。マリヤはその良い方を選んだのだ。そしてそれは、彼女から取り去ってはならないものである」


後光がさしているのがキリスト。
その前に座っているのがマリア。
立って文句を言っているのがマルタ。

普通のお客さまにはこの辺までしかお話しません。
宗教の話は、紹介程度に抑えておかないと話がかみ合わないことも多いし、説教臭く聞こえることも多いから。

なので、簡単に紹介した後、絵の世界に戻ります。



私、実はこのお話が大好きなんです。
楽しい人生を送るための、とてもいいヒントだと思っています。


皆さんは聖書からの抜粋部分を読んで、どう思いますか?

一人で働くマルタがかわいそうとか、いいとこ取りのマリアはずるいとかが、よく聞かれる意見。


でもね、キリストをもてなそうと考えたのはマルタ自身。
マリアが「お姉ちゃん、私は先生のお話が聞きたいから、お姉ちゃんがお料理担当ね、よろしく~」そんな風に言ったわけではありません。
キリストが「マルタ、私のためにもてなしの用意をするように」そういったわけでもありません。

何で、自分で決めたことなのに、自分だけが云々って思うのかな?
自分が正しくて、他人は間違っているって思い込みに聞こえます。
わざわざキリストに言うあたりも、キリストに自分が正しいって言ってほしいのかな?


自分が苦労している時、楽しそうな人をうらやむことがあります。
でも、それは自分で選んだこと。

自分も楽しくなればいい。
マルタだってキリストをもてなすことに喜びを感じればいい。
手伝ってほしいなら、素直にマリアにそう言えばいい。
マリアが手伝う気になるかどうかは別の話。

楽しくないなら作業は終えて自分もキリストの横に座ればいい。

そうしたら、やらなきゃいけないことは誰がやるの?
そう思うでしょ?

そんなの何とかなります。

いざとなったらパンもワインもキリストが用意してくれるって(笑)

その時々で何が一番大事かを考えるのは難しい。
あれも、これも、大事なことがたくさんあるように見える。

でも体は一つしかない。
今、何をするかは無意識でも意識してでも自分で選んでいる。
選択のない人生なんて無い。


私は普段から嫌なことはやらないって宣言しています。
人生一回だけなのに、楽しくないことする時間がもったいない。


他の人が手伝わないとか、
誰も自分を理解してくれないとか、
自分だけが嫌な目にあっているとか、

そう思う時は「誰かがやらなきゃいけないから、自分が貧乏くじを引きました」って感情が入っているからだと思う。

もし、ネガティブな感情が自分の中に芽生えたら、何が悪いとか誰が悪いって考える前にすることがある。



それは自分がどうしたいのか、自分にとって何が一番大事なのかを考えること。


やっぱりちょっと説教臭くなってしまった…(笑)

他人の心配をしたがる日本の文化では、少し受け入れがたい考えかもしれません。


でも、楽しい人生は簡単に手に入ります。
不幸だと思っている人は、自分の思い込み。



自分の一生なんだから、やりたいことをやればいい。

法に触れない範囲でね(笑)



  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。