2014年9月15日月曜日

ブリストル

私はロンドンの郊外、リッチモンドに住んでいます。
普段のお仕事、ロンドン中心地まで、おうちからは4‐50分くらいかな?
お仕事が地方で始まるときは、前泊といって、前の日に移動、宿泊します。

週末もそんな前泊の絡んだお仕事でした。
こういった宿泊の絡むお仕事は、嫌がるガイドも多いです。
ペットや子供など、家庭の事情もそれぞれだし。
逆に、そんなツアーが大好きというガイドもいっぱいいます。

私はどちらでも気にならない。
ティムちゃんも、桃太郎君も、私が仕事を楽しんでいるのを知っているので、にっこり笑って送り出してくれます。

でも、たまに、ティムちゃんが言うんですよね。
「僕、みきちゃんがおうちに居ないとツマンナイなぁ」とかって。

因みにこういったセリフを桃太郎君が言ったことは今まで一度もありません。
それもちょっとどうかと思うけど(笑)


今回もそんな風に言うので、ティムちゃんも連れていくことにしました。

場所はブリストル。

日本のお客様とは、それほど頻繁に行く場所ではありません。
なので、朝早く出て、向こうで観光のお勉強するのもいいかな~と思って。


ブリストルまでは、ロンドンのパディントン駅から直通の列車が出ています。
2時間かからずに、行くことができます。

小旅行用のボストンに着替えを詰めて、さあ出発です。


今回泊まったのは、マリオットロイヤル(リンクします)というホテル。
街の中心地で、とても便利でした。


ブリストルはストリートアートで有名なバンクシーの出身地です。
彼も含めて、ストリートアートがたくさんあるのもブリストルの目玉。
興味のある人は、このサイト(リンクします)がとても便利です。

ホテルから、数分のところにもあったので、写真を撮ってきました。

道から見上げたら、こんな感じ(左手)。
 すぐ横の階段を上がって、高いところから正面を見たのが右手です。


これもバンクシーかな?
リンクした、ウェブサイトには載っていなかったけれど、上のもののすぐ近くで見つけました。
 道で見るとこんな風です。

この近くには、大聖堂や図書館、市役所などが並んでいます。


なので、そんなに場末という感じはしません。
ただ、こんなグラフィーティを見つけたのはそこから道を一本隔てたところ。

怪しそうなお店とかもちょこちょこありました。
道を渡るだけで、雰囲気がガラッと変わって面白かった。

中華料理屋さんもありました。
本場の中華ってレビューに書いてあったので、ランチはそこで。

ティムちゃんが注文したクミンとチリの利いたラムの炒め物。
結構おいしかった。
中華でクミンって初めてで新鮮。

 これは湯葉で作ったお野菜の春巻き。
パリパリで、これも合格。

こちらは手作りの豚肉入り麺と書いてあったので注文しました。
手作りってところから、勝手に平麺だと想像していたので、ちょっとがっかり。
麺は春雨くらいの太さで、まあまあ。
でも、スープがとってもおいしかった。

 内装はこんな感じです。
中国語のカラオケがずっと流れていました。
でも誰も歌っていません。

 キャッシュのみということでお会計はこんな感じ。
クリックしたら、お勘定書きが読めるんじゃないかな?
サービスも丁寧だったので、また行くかも。
食べたことのない、面白そうなメニューがたくさんありました。

それじゃあブリストルの他の見どころ、この次も記事にします。



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2014年9月11日木曜日

ゴージャスなステーキハウス

今日紹介するのはピカデリーサーカス近くのレストランです。
入口は日本食材店やラーメン屋さんがあるブリュワーストリート。

アメリカンレストランのマッシュ。

入口からずーっと地下に降りていくと、レストランの入り口。
ここまで階段をずーっと降りていきます。
えっ、まだ降りるの?ってくらい降ります。

もちろんエレベーターもあります。

ここの内装はゴージャス・アールデコ系。
ずいぶん昔はショーなんかもやっている大きなレストランだったそうですが、すっかり忘れ去られていたのを内装をほぼそのままに改装したそうです。

照明がかなり落としてあるので、高級感があります。


メニューは簡単。
これが前菜。
 そして、メインは主にステーキ。
 今回は全員で7人の会食だったので、色々とって取り分けました。


これはフランスノルマンディーの生ガキ。
プリッとして美味しかった!
タバスコの小瓶がかわいい。
でも誰も使わなかったけど。
私は基本レモンだけで食べるのが好きです。


これ、前菜の中で一番美味しいと思ったカルパッチョ。
クルトンとかサラダとお肉の風味の食感がたまらない組み合わせ。
今度来たら、これをまた頼むと思います。

マッシュタルタル(このお店特製ユッケ)
これもおいしかった。


こちらは同じタルタルでもマグロ。
 ま、どこにでもある味かなぁ。
マグロとアボカドの組み合わせで、ちょっとシトラスの風味。
赤ワイン飲んでいたので、合わなかったんだと思う。

奥はスペインのサラーノハム。
おつまみ系で軽くいきたい人向き。
手前はアスパラのポーチドエッグ乗せ。
これも普通。



さて、ステーキです!
これも何種類か持ってきてもらいました。
ほとんどのステーキは200から300g、なので食べきれない~という量ではない。

 いったんこんな風に見せてくれてから、ウエイター君がテーブル脇で切ってくれます。
ナイフさばきも鮮やか。
 テーブルに戻されたステーキはこんな風。
取り分けたい人にはすごく新設。
 ローズマリーの乗っているのはウルグアイのお肉ですって。
 それぞれ好きなものをお皿に取り分けます。
副菜もいろいろ。
サラダとか、ホウレンソウとかチップス。
お好みでどうぞ。

お肉はどれも甲乙つけがたい。
柔らかくっておいしい。

どれもしっかりお肉の味がするし、柔らかくってジューシー。

イギリスはご飯がおいしくないってよく言われるけど、そんなことを言う人は一体どこで食べているんだろう?

脂っぽいだけでお肉の味がしないとか、硬くてパサパサとか、合成のお肉とか、まともなレストランで食べていたら、まずありえない。
安くはないけれど、せっかく外食するならやっぱりおいしいところでゴージャスに食べたい。
予算がないなら無理せずにおうちごはんにすべき。

旅行中は、これは前にも書いたけれど、平均レストランは行かないこと。
安いか高いかどちらかに。
サンドイッチ屋さんで数回、そしてゴージャス系を1回。
その方が安くも高くもないところに毎回行くよりもよっぽどいい。


マッシュのソムリエ君はジョー。
アメリカのジンファンデルを選んでくれました。

軽くてスムーズ。
飲みやすいワインでした。

これはレストランの中にあるお肉のディスプレイ。
しっかり熟成してますってカンジ。


バーエリアもステキなので、待ち合わせに使うのもいいかも。

こちらは女性用のお手洗いです。

場所も最高にセンター。
ここはまた来ようと思いました。






  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2014年9月9日火曜日

ビクトリア地区のプレシアター

この間、小さなセントジェームス劇場でお芝居を見てきました。
その時のお話はこちら(リンクします)

ロンドンビクトリア駅の周りには、ほかにもいくつか劇場があります。

邦題リトルダンサーで有名になった「ビリーエリオット」
オズの魔法使いの前編「ウィキッド」

そんな観劇を楽しむのに、お腹がすいていては困ります。
舞台の夜の部、開演は7時半前後。

普通のレストランは7時前後に開くので、ちょっと間に合わない。

なので、私がこのエリアで早い時間に食べたいときには、

お気に入りの「A Wong」レストラン。
もちろんお昼ごはんも普通の晩ごはんもおいしいです。
美味しいワインも揃ってるし、飲みながらのおつまみもいい。
夜ごはんを食べに行った時の記事はこちら(リンクします)

この間はティムちゃんとここで待ち合わせ。
だけど、ティムちゃん、ランチを食べ終わったのが4時(笑)
なので、私が食べて、ティムちゃんはそれをちょっとつまんだだけ。

そういった食べ方ができるのも中華だから。
しかもここはおつまみメニューが揃ってる。

これはあわび。
白灵菇扒鲍片 Braised abalone, shitake mushroom and abalone butter
小ぶりで柔らかく仕上がっています。
あっという間になくなってしまいました。

お野菜のいためもの。
时令蔬菜 Stir fried market green vegetables
あっさり味です。
どれも量が少ないので安心して注文できます。


 これは牛肉のヌードル。
乾炒牛河 Scotch Beef rump fried rice noodles
いつも最後の〆にに注文してしまいます。
お肉もやわらかいし、何となくクセになる味。

写真は撮らなかったけど、飲茶の盛り合わせもおすすめです。

OPENING HOURS

Lunch, Tuesday - Saturday: 12pm - 2.30pm

Dinner, Monday - Saturday: 5.30pm - 10.30pm


  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2014年9月7日日曜日

イギリスらしいコメディーを小さな劇場で


イギリスには本当にたくさんの劇場があります。
大きくて、歴史のある場所から小さくて新しいもまで、お好みで選べます。

今週は新しくて小さな劇場、セントジェームスでコメディーを観てきました。
「Breeders」(リンクします)という作品で、
副題が「THE PATH TO PARENTHOOD ISN’T ALWAYS STRAIGHT」
親になる道のりは遠いってカンジです。


あらすじは…
アンドレアとキャロラインは幸せなカップルで仕事も順調、金銭的にも恵まれた生活を送っています。
ただ、女同士なので、自然な方法では赤ちゃんは望めません。
養子をもらうこともできますが、できれば自分たちの遺伝子を持った赤ちゃんが欲しいと思っています。

アンドレアの兄ジミーがキャロラインを妊娠させることができたら、この問題はあっさり解決。
そう考えた二人は、ジミーに精子を提供させることを条件に、新居にジミーとガールフレンドを住まわせることに決めます。

こう書くとものすごい内容に聞こえるかもしれませんが、かなり軽く仕上がっています。

ジミー役のニコラスバーンズは、ベニドームでもうだつの上がらないミドルクラスを演じていました。こういう周りから流されちゃうタイプの役が似合う人なんだなぁ。


舞台の内容も面白かったのですが、それよりも劇場がよかったです。
全部で300人ちょっとしか入れない。
私とティムちゃんの座席は前から3番目、一番後ろの席でも13列目です。
なので、舞台がすごく近い。

登場人物は4人だけで、背景も全く変わりません。
会話だけで物語が進んでいくので、英語が苦手な人にはお勧めできませんが、イギリスらしい舞台を観たい人にお勧め。

Breeders
9月3日から10月4日まで

開演時間
月から土の夜の部 7.30pm
木曜と土曜のマチネ 2.30pm
日曜日はお休み

お値段は
Aの席 £37.50
Bの席 £15



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2014年9月5日金曜日

ロンドンのおうちの値段

 私のお仕事は、一般の観光だけではなく、ビジネスのお手伝いだったりもします。

昨日はそんな日で、ロンドンの不動産物件をいくつか見て回りました。
不動産なんて、値段や建物のクオリティーだから、通訳なんていらないと思うでしょう?
でも、そのエリアの特徴とか、ガイドの要素を少し通訳の間に入れると、日本からのお客様には役立ちます。

今回の不動産はロンドンでもハイエンド(高級な)物件です。

まず一つ目は、有名なハロッズ百貨店のテムズ川沿いの倉庫だった建物を、20年弱前に立て直したマンション。
ハロッズビレッジとよばれて、その中にはいくつもの棟があります。
一番有名なのは「William Hunt Mansions」という棟。

そこのペントハウスを見てきました。


広い玄関ホール。
マンションの玄関ではなくて、ペントハウスの玄関です。

この物件で私が一番ステキだと思ったのは、ぐるり周りの360度がテラスなこと。
だから、まるで一軒家のような感覚なのです。
川沿いだから、もちろんリバービュー。
リッチモンド区のバーンズに建っています。
が、遠くシティーのビルも臨めました。


こちらはリビングルーム。
周りが全部窓なので、開放感があって明るい。
窓のいくつかはフレンチウィンドゥなので、テラスに直接アクセスできます。

寝室の数は5つ。
すべて浴室付です。

そしてこちらが主寝室。
サイズもほかのお部屋より広めです。

もちろんウォークインクローゼット付。
ここよりも狭いホテルのお部屋がロンドンにはいっぱいあります(笑)

ウォークインドレッシングルームを抜けるとお風呂です。
そしてそこからもテラスに出るドアがあります。

さてお値段です。
現在7.5ミリオンポンドですが、多分7ミリオンで 売ってくれるだろうとのことでした。
現在の持ち主はロシア人でイギリスの田舎に住んでいるそうです。
ロンドンに出てくるときに泊まる場所、と購入したそうですが、ほとんど使わないので売ることにしたそうです。
実際、彼が足を踏み入れたのは2年前だそう。

今回は投資目的での購入のお客様です。
なので、いったいここで家賃がいくらで貸せるのかは興味のあるところ。

多分1週間のお家賃は5000ポンドから6000ポンドくらいかなぁ?

この後は、ナイツブリッジのマンダリンオリエンタル横の物件を見ました。
残念ながら写真禁止だったのでウェブでご覧下さい。
「One Hyde Park 」
ベッドルームの数を選ぶとスライドショーで写真が出てきます。

1LDKの物件で7ミリオンポンド。
2LDKだと12ミリオンポンドでしたが、物件によってお値段はいろいろだそうです。

セキュリティーはばっちり。
ロンドンで一番と豪語していました。

他にもレジデント専用のスパやジム完備、お部屋のお掃除もルームサービスもOK。
ただもちろんサービスチャージ(共益費)を払います。
1平方フィート当たり17.5ポンドですって。
だから年間小さなフラットで45万ポンド。
1ポンド180で計算したら800万円くらいかな?

参考までにロンドンの不動産の平均金額を載せますね。
初めの数字が売家、2つ目の数字が借家の平均家賃(週)。
注意しないといけないのは、売家と借家が必ずしも同じ物件ではないということです。

ロンドンの平均 £797,385(£625pw)

東ロンドン £462,434(£426pw)

東中央ロンドン £1,006,558(£614pw)

北ロンドン £756,287(£453pw)

北西ロンドン £1,243,069(£745pw)

南東ロンドン £513,715(£393pw)

南西ロンドン £1,256,085(£820pw)

西ロンドン £1,440,593(£834pw)

西中央ロンドン £1,216,292(£690pw)

単純に数字だけ見ると、年間3-4%前後の利回り。
だけどもちろん経費などは入っていません。

ロンドンは古い建物が多いから、修繕費なんかもバカにならない。
ちゃんと下調べをしないと、不労所得はそれほど甘くないかも。


  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2014年9月3日水曜日

衛兵交代式のベストポジション

ロンドンの観光の目玉といえば、衛兵交代式!

バッキンガム宮殿の前で行われる儀式です。

昨日もお客様から「1日に何回あるの?」って聞かれました。

答えは2日に1度、しかも雨だとキャンセル。
ただし、4,5,6,7月は毎日ある予定です。

でもいろいろな行事と重なって、時間を合わせて行っても無駄足になることもあり得ます。
まず、衛兵交代があるかどうか陸軍のサイトで日にちをチェック。
普通は右手にその月の予定がダウンロードできるようになっています。


ロンドン観光を予定しているなら、ベストポジションが気になりますよね。


バッキンガム宮殿の前庭で行われますから、10時半ごろから門の前には人だかり。
なので、11時半に行っても人に揉まれるだけ。

私はそれよりも交代式に出かける衛兵の閲兵式をお勧めしています。

これは、バッキンガム宮殿の横にあるウエリントン兵舎。

この前庭に11時ちょっと前に衛兵たちが並んで閲兵式が行われます。
この写真は昨日、11時10分くらいかな?

兵舎に面して、中央に上の衛兵たち、やや右手には楽隊が並びます。
こんな風に円形に並んで音楽を奏でます。
何曲か演奏するのでビデオに収めるのもいいかも。

バッキンガムの前よりもずっとすいています。

この兵舎の門を出て、バッキンガムに向かうのは11時25分過ぎ。
門の前、道を渡ったところで構えていると、こんな風に真正面の写真が撮れます。
目の前を通るので迫力があります。
ね、本当に近いでしょう?
ここに場所をとるなら11時15分までには到着が望ましいです。
20分ごろになると、ここもいっぱいになりますから。

楽隊の後は衛兵さんたち。
 門を出るとバッキンガム宮殿の方へと曲がっていきます。

地図を載せておきますね。
赤い星印の場所に10時50分頃いると、騎馬近衛兵の行進も見られます。
(日曜日は1時間早いのでご注意)
それを見てから公園を横切るのがベストかな?
閲兵式は白抜きの星印で待機するといいです。

衛兵が門を出て行ったあとは、お昼ごはんの場所に向けて移動します。

スリが多いので気を付けてくださいね。



  ロンドン情報ランキングに参加しています。
よかったら、クリックして応援してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。